【ハネベン・300SEラング】Retro Sound ヘッドユニット組立ててみた。


    円高の時に輸入しておいた、カーオーディオのヘッドユニット「Retro SoundのMODEL2」ですが、
    スピーカーの取り付けなどの関係もあって、箱から引っ張り出して、
    組み立てて見ることにしました。

    ネットから引っ張った商品画像。
    retrosound2_beckerstyle.jpg


    出てきたのはそっけない本体。
    その左右にL型の金具をつけてやります。
    20161116_300selang_retrosound1.jpg

    つぎはセンターパネル。メッキがそれっぽい。
    20161116_300selang_retrosound2.jpg

    続いて左右のコントロールボリュームと取り付け。
    左右方向に位置が変えられるので、各車両のオリジナルパネルの穴に合わせられるのですね。
    20161116_300selang_retrosound3.jpg

    配線はLAN線のような小型コネクタです。
    20161116_300selang_retrosound4.jpg

    さて、こんなパーツがありまして、
    20161116_300selang_retrosound7.jpg

    メッキ一面のパネルに貼りつけて、
    20161116_300selang_retrosound5.jpg

    操作ノブをつければ、ベッカー調のレトロサウンド・モデル2の完成。
    20161116_300selang_retrosound6.jpg

    モデル2はAM・FMラジオにUSB端子2つAUX端子2つの高機能モデル。もちろんiphoneも使えます。

    こんどダッシュパネルの装着位置にあてがって、スピーカーケーブルの長さを測ってみましょう。
    もちろん本体の取り付けも検討しないと。

    オーディオ用の電源も考えないとね。そのうちナビも付けるのかな?
    そういえばウチの車、イグニッションキーにACCポジション無かったなあ。

    と、今日はここまで。

    レトロサウンドの各モデルに興味のある方は
    こちら メーカーHP

    では、また。

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】スピーカーケーブル届く。


    ダッシュ回りに手を付けた関係で、
    フロントダッシュ上スピーカーの換装作業に目途が付いたウチのハネベン・300SEラングですが、

    スピーカ―付属のケーブルがヤワに見えたので太めのケーブルを買いました。
    N-SKILL(西大阪製線)の OFC(無酸素銅)線の2.5sq(14ゲージ相当)。
    導体はオーディオケーブルでも実績のある古河電工製。129円/m+送料で購入。
    20161108_300selang_spcable2.jpg

    若いころ、超マニアックなオーディオアクセサリーの販売店に勤務した経験があり、
    当人も戦前のアメリカの映画館用真空管アンプでオーディオシステムを組んでいたりしたので、
    このあたりは血が騒ぎます。

    スピーカーへの接続平型端子も金メッキをおごります。
    20161108_300selang_spcable3.jpg

    ケーブルの太さを楊枝の頭と比べてみる。今一つわかりにくいなあ。
    20161108_300selang_spcable1.jpg

    じゃあフロントスピーカー付属のケーブルと比較。
    太いですねえ。2.5sqの中身は0.18mmx15本x7束の構成。
    純正ケ―ブルは端部をハンダで処理してあり実際はもっと細いはず。0.5sqぐらいかなあ。
    20161108_300selang_spcable4.jpg

    30年近く前になりますが、当時勤務していた店舗で、スピーカーケーブルを大型システムで10数種類聞き比べた時に、
    細い銀メッキされた無酸素銅線が多く使われいた3.5sq位の製品がキレが良かったのを思い出しました。

    早くヘッドユニットとスピーカーを接続したいですね。
    その時は電源もオーディオ専用に引き直しましょか。
    retrosound2_beckerstyle.jpg

    そういえば、リアスピーカーの選定と装着場所であるリアトレイの整備がまだでした。
    ボチボチ考えましょ。

    では、また。

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】ダッシュ上スピーカー換装作業する。


    先日、ダッシュ上にあるラジオのスピーカーを
    ステレオ仕様のデュアルコイルスピーカーに換装計画を考えたところですが、
    この日、新スピーカー取り付け作業を実施しました。
    過去の記事

    新旧のスピーカー。形が違うのを収めるのがミソ。
    細長いオリジナルスピーカーはコーン紙が乾ききって劣化したスポンジみたいにポソポソでした。
    いまでも普通に純正パーツとして新品が手に入るみたいです。
    20141005_300selang3.jpg


    新スピーカーの裏面。端子が2セット=Lch/Rch分ちゃんとあります。これが素晴らしいところ。
    retrosounds_r48n_3.jpg

    さて、スピーカーが外されてぽっかりと空いた穴。止めねじ4本残ってますね。
    下にはヒーターコントロールユニットがあります。
    20161105_300selang_speaker1.jpg

    新スピーカーは穴に入らず浮き上がってします。取り付けネジ穴の位置も純正と違います。
    20161105_300selang_speaker2.jpg

    それは前後方向に大きいから。
    20161105_300selang_speaker3.jpg

    いきなり穴拡大後の画像。当然のようにグラインダーを使って削りました。
    作業画像はおっかなくって撮影できませんでした・・・・悪しからず。
    20161105_300selang_speaker4.jpg

    アルミの板をスピーカーの形に穴を開けて・・・・
    20161105_300selang_speaker5.jpg

    こんなもの作りました。スピーカーとダッシュ天板の微妙な隙間を埋めるためのスペーサー。
    20161105_300selang_speaker7.jpg

    スピーカーにスペーサーを取り付けてから、
    20161105_300selang_speaker6.jpg

    ダッシュに取り付け。オリジナルのスピーカーの取り付けネジ穴を使います。
    20161105_300selang_speaker8.jpg

    かっこ良く取り付けましたが、まだ仮取り付け。
    ウッドパネルとモール、ヒーターコントロールユニットを戻す時に
    スピーカーの穴は開いていないと困るんです。
    本取り付けはウッドが戻ってから。

    その時はスピーカーとスペーサーやダッシュとの取り付けにブチルゴムを挟み込んで、
    さらに密着させてビビらないようにする予定。配線も出しておかないといけないですね。

    そうなるとヘッドユニットも。取り付けの段取りしておきましょう。
    retrosound2_beckerstyle.jpg

    リアに行く配線も引っ張っておかないといけないですねえ。
    段取り大変。

    では、また。


    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】フロントスピーカー取り付け検討。


    このダッシュパッドが外れている画像を見て気が付いたことが。

    真ん中の上にラジオ用スピーカーの大きな穴が。
    20161029_300slang11.jpg

    スピーカーこのタイミングで付けると楽そう。

    カセットテープ以前のこの時代のラジオ用のスピーカーはダッシュセンターに1個あるだけ。
    20141005_300selang5.jpg

    でも、今のカーオーディオはステレオ音源の再生のためにスピーカーは左右2個必要。
    でもダッシュに穴開けるの嫌だし、ドアももちろんダメ。

    そこで1個で左右両方の信号を受け入れることのできる、
    このスピーカーを2年前に入手したのですが、
    retrosounds_r48n_1.jpg

    寸法がちょっと合わずに、
    20141005_300selang3.jpg

    そのまま取り付けできないことが判明。以来2年間放置されておりました。
    20141005_300selang4.jpg

    取り付けにはスピーカー穴を前後方向に大きくする鉄板加工が必要。
    20161103_300selang_dash_wood16.jpg

    グラインダーで削ったりハンマーでたたいたりすることが予想されるので、
    やるなら邪魔なダッシュパッドが外れてる今がチャンス!
    ウッドの塗り重ねをするときの塗装の乾燥待ちを有効に使えそう!

    ついでに今年買ったオーディオメインユニットの取り付けも段取りしちゃいましょ。
    ベッカー調のフロントパネルが泣かせますねえ。

    retrosound2_beckerstyle.jpg

    そういえば、ラジオのアンテナってどうなっているのかなあ。

    確認事項が増えました。

    では、また。

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【縦目パーツ】円高なのでレトロ調オーディオを輸入する。


    梅雨開け前だというのに、暑くて全くガレージ作業をする気が起きませんが、
    購買意欲は高いわけで、円高の今、これを海外にオーダー。

    Retrosound2
    ipodもUSBも接続できるレトロ調なラジオ。ベッカー・メルセデス調のパネルがたまりませんねえ。
    retrosound2_beckerstyle.jpg

    過去にはこの記事でご紹介しましたね。
    2年も前でしたか・・・・スピーカーはとっくに来ていたのですが。

    到着をお楽しみに。

    では、また。

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】ダッシュスピーカー付けようとする。

    先週届いたダッシュボード埋め込みスピーカを、早速取り付けることに。

    ウッドのグリルを外します。スピーカとの間にはさらにメッシュのガードがある。
    20141005_300selang1.jpg

    外したスピーカ純正スピーカー。ありゃ、こんなに細長かったったっけ?
    20141005_300selang2.jpg

    買ったスピーカーと比べてみる。いやな予感。
    20141005_300selang3.jpg

    純正のスピーカ取り付け状態。
    20141005_300selang5.jpg

    買ってきたスピーカー。幅がある分完全に浮き上がってる。
    20141005_300selang4.jpg

    ということで、ポン付けはできないことが判明。
    車体側の取り付け穴を前後方向に10mm程度の拡大加工の必要ありと判断いたしました。

    心の準備ができていなかったので、取り付け作業中断。
    イグニッションスイッチの再取り付けにむけて、作業の優先順位下げました。

    動くようにする=車検取得が最優先だがや。

    では、また。

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【縦目パーツ】ダッシュボードセンター「ステレオ」スピーカー

    ※後日の検証でW111・112・110のダッシュへの埋め込みには
    車体側の加工が必要なことが判明しました。
    オーダーの際はご自分の車両のスピーカーの形状をご確認ください。


    ちょっと前にネットで見つけたGOODな縦目用パーツがコレ。
    少し大きい文字今日アメリカから届きました。

    米・レトロサウンド社の楕円形スピーカ。
    4インチ×8インチはメルセデスのダッシュトップのセンタースピーカーサイズ。
    retrosounds_r48n_1.jpg

    ツイーター(高音用スピーカー)が2個セットされていますが・・・
    retrosounds_r48n_2.jpg

    裏を見ると、入力端子も2個。
    「DVC」という文字が見えますが、Dual・Voice・Coilの略で、
    1個のスピーカーにボイスコイルを2つ付けて、L・R両方を入力し、
    信号そのものを混合することなく、左右チャンネルの音を再生するというもの。
    左右の信号を混合して1個のスピーカーに接続すると、リアスピーカーへの信号もL+Rのモノラルになる場合がありましたが、このスピーカーを使うことで解消。
    retrosounds_r48n_3.jpg

    ハネベン当時の純正ラジオはモノラルで、前席でステレオ再生するにはドアや足元サイドに埋め込むことが多かったですが、これならステレオ感は出無いまでも、純正スピーカ位置からリアスピーカーをモノラル化することなく高音質再生が可能となるかと。

    いまから30年前、初代ハネベン 1963・220Sbを手に入れたとき、オーディオ換装時に、8センチのフルレンジスピーカー2個を純正スピーカー位置に埋め込んだのが懐かしい。

    レトロサウンド社は、オーディオ本体も販売しています。
    ベッカー風ピンストライプのフロントパネルを装着した本体は良いですねえ。モデルⅡタイプはUSB端子もあってipod対応。BluetoothもOKで、これは欲しい。
    米レトロサウンド社HP
    type2_becker.jpg

    日本仕様の周波数に変更したオーディオ本体はこちらで販売しているようです。

    装着レポートはいつになるやら。

    お楽しみに。

    では、また。

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる