スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【ハネベン・300SEラング】またエアサスバルブ交換する。


    何度もエアサスのレベリングバルブの交換を行っているウチのハネベン・300SEラングですが、
    入庫時からこの車両についている右前のバルブに軽度のエア漏れがあり、ここだけ底つきするのが早いです。
    実用上はほとんど問題ないのですが、半月もすると沈むので若干難有。

    20180204_300selang_garage2.jpg

    昨年末に海外でフロント右用のレベリングバルブを発見し購入に成功。

    右が今回入手したレベリングバルブ。左は4年ほど前に国内で入手したフロント左用。
    どちらもデッドストックの未使用品。どちらもボッシュ箱ですが左はMBのラベル有。
    20180204_300selang_sirsus1.jpg

    なんでここで左用が出てきたかというと、数年前に左用は25万円かけてO/Hして機能的には好調なのですが、過去の記事
    バルブレバーに対する作動位置が若干違い、ロアアームと繋がるコントロールロッドの長さが違ってしまったのです。

    車両から外した左右バルブとコントロールロッド。本来2本のロッドは同じ長さでないといけない。
    そこで左もデッドストックの新品に交換することに。
    20180204_300selang_sirsus3.jpg

    フロントのバルブ2個の交換作業は手慣れたもので、1時間で終了。
    エンジンを掛けてエアーを入れると、

    ありゃりゃ、左が上がりすぎてしまいます。これはいけません。
    すぐにエンジン停止。
    20180204_300selang_sirsus4.jpg

    レバーも下がり切り。
    20180204_300selang_sirsus5.jpg

    原因は、多分バルブユニット内部のリターンバルブが固着してオーバーフローが出来なくなったのでしょう。
    デッドストックの機能部品はコレがあるから注意しないといけません。
    内部のバルブはデリケートなので下手に手を出さず、さっき外したO/Hしたバルブに戻します。

    ちゃんと水平になりました。
    20180204_300selang_sirsus6.jpg

    今回の作業で3つのレベリングバルブのうち2個はデッドストック新品、1個はO/H済と、
    全部に手が入ったことになります。あとはサスがどれだけ上がっているかですね。
    調子が良ければ1か月は上がったままらしいので楽しみにしましょう。

    では、また。
    20180204_300selang_garage.jpg


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。