【ハネベン・300SEラング】ハザードスイッチ装着する(その1)


    グズグズとあちこちに手を入れているウチのハネベン・300SEラングですが、
    この年式にはない装備でちょっと後の年式から付いている便利装備の「ハザード・ウオーニングランプ」を点灯できるような改造を行います。

    すでに材料は購入してあったのですが、半年以上放置してました。
    過去の記事
    20161208_300selang_hazard.jpg

    ハネベンの1965年頃からW108・109あたりで使われていたハザードスイッチ。ダッシュ下に取り付けるためのアングルが付いていますね。ノブが他のスイッチと同じスタイルなのでダッシュに取り付けた時に違和感がありません。「EMERGENCY」の文字が良いですねえ。
    20170806_300selang_hazard1.jpg

    カバーを外すとリレーが内蔵されていました。通常のウインカー回路とハザード回路を切り替えるスイッチもあり。
    20170806_300selang_hazard2.jpg

    ウチの車はウインカーランプはLED電球を使用することを前提としていますので、オリジナルのリレーは使えないので撤去します。スイッチも「引くとON」の1回路しか使わないのでスペース確保のために片側は撤去。
    20170806_300selang_hazard3.jpg

    またもやお世話になるLED電球対応フラッシャーリレー。足が三本。プラス・マイナスとランプ行きです。
    20170806_300selang_hazard4.jpg

    カバーを外すとこんな感じ。
    20170806_300selang_hazard5.jpg

    リレーの足を加工してハンダ付けで基板に装着。逆流防止の整流用のダイオードも取り付けて回路を構成。
    外部への配線の取り出しはオリジナルの端子をそのまま使いますが、各ピンの通電内容は変更となります。
    20170806_300selang_hazard6.jpg

    このあと車体への取り付けに進んだのですが、この日中途半端で終了。
    レポートは完了後に改めて。

    では、また。
    20170806_300selang_garage.jpg

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる