【ハネベン・300SEラング】エグゾースト排気漏れ改善する。


    うちのハネベン・300SEラングは、ガレージに来た時に、
    エグゾーストのフロントパイプがグズグズに腐っていて
    20110109マフラー修理4





    作り直したのですが、本来外径45mmなのに44mmと勘違いして、
    なおかつ42.7mmパイプで補修してしまい、
    過去の記事
    20120422_w112_フロントパイプ修理

    スキマを埋めて径を合わせる銅板製ガスケットを二度作成するもやっぱり隙間から漏って、
    検査員どころか私にも聞こえる音が出る。
    過去の記事
    20160731_300selang2.jpg

    今回は車検取得を前提に漏れ完治を目指して作業することに。

    マフラーを外すため、リアのスタビライザーを落とし中。
    作業はOhさんです。いつもヘルプありがとうございます。
    201700415_300selang_exhaust11.jpg

    購入した材料は45mmのマフラー用スチールパイプ。
    これでスリーブを作ります。肉厚は1.6mm
    201700415_300selang_exhaust3.jpg

    パイプをマフラー側に差してみる。ピッタリ。ガタほとんどなし。
    201700415_300selang_exhaust12.jpg

    スリーブ作成に必要な長さを測って、
    201700415_300selang_exhaust6.jpg

    高速切断機でカット。
    201700415_300selang_exhaust5.jpg

    42.7mmのパイプに被せるために、内径を41.8mmから広げます。

    ミニ旋盤で加工中。ミニ旋盤は買って2度目、約1年ぶりの登場。
    201700415_300selang_exhaust1.jpg

    肉厚の違いが判るかな?
    左:内径拡大加工後・約43mm 右:加工前・約41.8mm
    201700415_300selang_exhaust2.jpg

    これまで作ったガスケット&スリーブ
    古い順に左から、銅0.7mm、銅1.0mm、鉄1.0mm
    長さと隙間の無さが本気度を表している。
    201700415_300selang_exhaust0.jpg

    仮挿入の状態。
    簡単に入っては排気が漏るので、少しキツメで丁度よし。
    内径拡大加工時は何度も途中で差し込んで確認してます。
    黄色いテープは最終的なスリーブ端の予定位置。
    201700415_300selang_exhaust8.jpg

    201700415_300selang_exhaust10.jpg

    はい、接続完了。
    矢印の間が今回作ったスリーブの位置。マフラー側の絞り部にキッチリと当ててます。
    201700415_300selang_exhaust9.jpg

    エンジン掛けて確認したところ、
    少なくとも接続部からの漏れ音と空気の動きは確認できなかったです。

    これなら車検は大丈夫そう。

    早く内装仕上げて、
    車検取得したいですね。

    ああ、疲れた。

    では、また。
    201700415_300selang_garage.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる