【ハネベン・300SEラング】ヒーターコントロールユニット取り付ける。

    前回はエンジン始動に備えてグラウンドワイヤー(アース線)の取り付けをしていましたが、
    パーツ不足で中断。

    そこで出来ることをさがしたところ、
    ヒーターのコントロールがまだ外れたままなのを思い出しました。

    ダッシュボードの裏にユニットを送り込んで、フロントガラス前の空気取り入れ口へ延びるワイヤーを接続。
    画像下側が室内側。うーん、、メカチックだなあ。ちゃんと摺動部にはグリースを塗っておきました。
    20160814_300selamg3.jpg

    この画像はダッシュボードの下から撮ったもの。撮影も大変。




    こちらがヒーターユニット。ヒーターコントロールユニットから延びるワイヤーを仮接続。
    けっこうキツイ姿勢で作業。
    20160814_300selamg2.jpg

    このあとヒーターコントロールパネル・グリルを取り付けようとしたらなんと行方不明。

    見つかるまでは仮取り付けのままです・・・
    メッキのレバーも用意していたのですが・・・

    やることは沢山あるのでどんどん前に進みましょう。

    では、また。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる