【ハネベン・300SEラング】マフラー戻し終わる。

    前回マフラーの装着に難儀したところですが、

    今日はひと工夫。

    フロントパイプの後端をリフトの左右テーブルに縛り付けてガッチリ固定して、
    20160806_300selang2.jpg

    ジャッキスタンドをマフラーの中間タイコとガレージの柱との間に仕込んで、
    前の方に押し出してフロントパイプとメインマフラーの差し込みを深くします。
    20160806_300selang1.jpg

    大事なのは、まっすぐ押し込むことで、
    そのためにフロントパイプは上下左右にぶれないように縛り上げ・・・

    その後あちこちにジャッキを掛けて、詳細なぶら下げ位置の修正をして、
    なんとか収まりました。
    20160806_300selang3.jpg

    接合部分は前回新調した銅ガスケットもしっかり入って、
    しっかりしているように見えますが、実際にエンジン掛けないと、
    排気漏れはわかりません。
    20160806_300selang4.jpg

    マフラーが付いたので、あとはラジエーターつければエンジン再始動・・・・・
    ああ、エンジン・ボディアース系がまだですねえ。
    失われたアース線もあるので、復元+アース強化をエンジン始動前にやっておきましょうか。

    では、また。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる