【ハネベン・300SEラング】リアデフオイル漏れ直してみる。


    先日、エンジン・ミッションの配管、配線するために車の下にもぐっていたら、
    見つけてしまいました。

    リアシール付近からのオイル漏れ。

    どうやらデフケース後端のラバーシリンダーのキャリアとケースの隙間から漏ってるように見える。
    20160730_300selang1.jpg


    さっそく外し。プロペラシャフト切るのが大変。
    デフオイルがジャンジャン出てきます。再利用するのでしっかり受けます。
    20160730_300selang2.jpg

    在庫していたガスケット紙を切ってシールを作ります。
    20160730_300selang3.jpg

    おおむねOK。
    20160730_300selang4.jpg

    せっかく中が見えているので、
    デフケース底のドレンボルトも抜いて、デフオイルを全部排出。
    エアーをドレン方向に吹いて、ケース下部に残ってる溜まり物を吐き出しましょう。
    20160730_300selang5.jpg

    最後に吐いた底の方のオイル。嫌な感じ。
    濾してから注入します。前回注入した時の余りがあったのでそちらを優先使用。
    20160730_300selang6.jpg

    ほい、プロペラシャフト取り付け用のフランジも付けて元通り。
    20160730_300selang7.jpg

    デフオイルも後部から忘れないうちにとっとと注入。
    20160730_300selang8.jpg

    完成。しっかりオイルを拭いておきました。
    今は漏ってきませんが、2~3か月で漏れなければ大丈夫かと。
    20160730_300selang9.jpg

    ということで、次回はいよいよラジエーター装着かな。

    では、また。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる