【ハネベン・300SEラング】エアサス・ベローズ交換作業する。その1


    昨日、車体からエアサス一式が無事に外れて、いよいよベローズの交換作業です。

    昨日のラストの状態。
    20160604_300selang5.jpg

    ベローズを外しやすいようにエアを入れて伸ばしたリアのエアサスユニット。
    車体側の受けがくっついたまま。引っ張ったぐらいでは外れません・・・・
    20160605_300selang10.jpg

    ベローズとエアチャンバーは金属のリングとリングねじ6本で留まっています。
    20160605_300selang9.jpg

    ナットにはゆるみ止めあり。これを一枚一枚起こすのが大変。
    20160605_300selang12.jpg

    分離しました。これはフロント用。
    20160605_300selang11.jpg

    ベロ―ズを留めているリングは、膨らむ側から抜き(通し)ます。
    ベローズのチャンバー側の縁は、ゴムの中に金属の補強が入っていて、これを歪めるとエア漏れの原因に。
    外して再利用しないなら別ですが、それでもこの外し方が楽です。
    20160605_300selang7.jpg

    リアのエアチャンバー(空気室)内になぜかゴムと金属カス。
    20160605_300selang8.jpg

    ベロ―ズ側が削れてる。ここが当たることってあるのかなあ。でも削れてる。
    20160605_300selang6.jpg

    外したベローズ4つ。車体側の受けはプレスでベローズ内側を押して外しました。
    フロント側は痛みが激しい。センターの金属部分の腐食も。
    リアはフロントに比べて、しわも少なめでセンターにも腐食が無いことから交換履歴があるよう。
    さっきのカスは組み付け時に何かミスがあったのかな。カスはリアの両方に入ってた。
    そういえばナットのロックも1か所無かったなあ。何にしても過去の作業に雑さが見える。
    リアのレベリングバルブもフロント用の流用だったもんなあ。

    上方2つがフロントから外したベローズ。
    下2つはリアから。リアの方が少し大きい。
    20160605_300selang5.jpg

    外したエアチャンバーと車体側の受け。シャーシブラックは落とされて、本来の色が戻りました。
    エアチャンバーはレンガのような良い色なので、再塗装しないでこのまま使おうかな。
    20160605_300selang3.jpg

    ベローズ固定用の金属リングも磨いてクリア塗装をしました。
    20160605_300selang2.jpg

    何度も吹き付けられたシャーシ用の黒色塗装をはがして仕上げるのに時間がかかり、
    今日はここまで。
    20160605_300selang1.jpg

    次は新品ベローズの組み付けですが、外した取り付けねじやナットの一部に半ナメがあるので調達しないと。
    特殊ナットがあったので純正パーツをオーダーしないといけません。
    次の休みに間に合うかな??

    では、また。
    20160605_300selang13.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる