【ハネベン・300SEラング】オルタネーター再装着する

    昨年の暮れにオルタネーターとウォーターポンプをつなぐジョイントが破断して、
    しかたなく4月にエンジンを下ろしたハネベン300SEラングですが、
    ジョイント破断記事

    20160409_300selang4.jpg
    高価なジョイントも届いて
    ジョイントの記事

    特殊アダプターをミニ旋盤を買って自分で作り、
    アダプター作り記事

    先日取り付けが終ったので、
    ジョイント取り付け記事

    今日はオルタネーターの取り付けです。

    純正のダイナモはアイドリングでは殆ど発電量がなく、容量も小さくエアコンやナビはしんどいので、

    純正直流ダイナモ(38A)
    m189_dynamo2015618_50.jpg

    ビートル用85Aオルタネーターに交換したのですが、
    m189_oltanator_beetle85a2015618.jpg

    エンジン下ろすことがわかった時点でさらに気持ち容量の大きい90Aを調達しました。
    m189_oltanator_beetle90a20160328.jpg

    純正ダイナモに比べてビートルのオルタネーターは胴の径が前方は大きく、後方は細いです。
    固定バンドを締める後方部分は、ベース部分にアルミで作ったスペーサーを装着し、
    前方の頭部分は太いので逆にベースを削りました。

    前回は2mm厚アルミ板のスペーサー5枚(計10mm)をオルタネーターの胴に積層し巻きましたが、
    今回はスペーサーをベース側に固定しました。これでガタなし。
    M189_300se20160514_1.jpg

    M189_300se20160514_2.jpg

    装着完了。
    スペーサー、ベースとオルターネーターの3者間でのガタが無くなったので、バンドは1本でOK。
    M189_300se20160514_3.jpg

    記事に書いていない部分で苦労があったので、
    作業時間は8時間。立ちっぱなしなので疲れた。

    ということで、今日はおしまい。
    ハネベンの次の作業はクーラー用コンプレッサーのブラケット加工の予定です。

    では、また。

    M189_300se20160514_4.jpg

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる