【2000・G320L】M112エンジン イグニッションコイル・プラグ交換する。

    さて、温間時の点火不良に悩まされているG320Lですが、
    先日エアマスセンサーを交換しても変化なし。
    そこでM112エンジンの点火系のパーツを交換することに。

    20160501_G320L1.jpg

    用意したのはこれ。
    点火プラグは最近定番のNGKのイリジウムMAX「BKR5RIX-11P」12本と、
    20160501_G320L2.jpg

    ボッシュのイグニッション(点火)コイル6個。スロベニア製。
    20160501_G320L14.jpg

    なんでM112=V6エンジンなのにプラグが12本かというと、1気筒あたりプラグ2本のツインプラグエンジンだから。

    助手席側のイグニッションコイル。コイルは1気筒1個。1つのコイルからハイテンション(プラグ)コードが2本。
    20160501_G320L3.jpg

    イグニッションコイルとプラグ外したところ。
    20160501_G320L15.jpg

    外したコイル。外観は普通。これはドイツ製。ハイテンションコードとっても短いね。でもロスも少ない。
    20160501_G320L4.jpg

    外したプラグ。12本矢印方向が前進方向。
    納車後3000キロ。ネジ部の汚れがひどい。焼けはまあまあ?
    20160501_G320L5.jpg

    やっぱり汚いなあ。納車時に交換したの??
    20160501_G320L6.jpg

    新旧プラグ。イリジウムMAXはねじ山部はステンレス??
    20160501_G320L7.jpg

    新しいプラグを取り付けます。最初のねじ込みはハンドルを使わず必ず手で。
    プラグ用ソケットに取り付けてねじ込むと楽ですね。
    プラグギャップは調整するなと書いてあります。1.1mmです。
    20160501_G320L8.jpg

    プラグ取り付けは終って、イグニッションコイル装着中。
    ハイテンション(プラグ)コードは先に取り付けた方が楽ですね。
    20160501_G320L9.jpg

    装着完了。
    20160501_G320L10.jpg

    エアクリーナーケース(エンジンカバー)をつけるとプラグ周辺はこんな感じに見えます。
    20160501_G320L11.jpg

    ここでエンジンを掛けたところ、いきなり冷間なのにアイドルがバラバラ。
    前より悪くなった。

    そこで慌ててはいけない。冷静に考えてバッテリーを探す。
    ボンネットの中にバッテリーが無いなあと思ったら、左リアにありました。
    20160501_G320L12.jpg
    マイナス端子を外して10分ほど放置。
    エンジン再始動したところ、気持ち振動がありますが安定したアイドリングになりました。
    この年代(2000年型)のくるまだからできるコンピューターの学習機能のリセット?
    今の車でバッテリー外すとけっこう面倒なことになるらしい。

    賢い貴兄はお分かりと思いますが、プラグコード交換してません。
    オーダーはしたのですが、受注生産とのことで、GWに間に合いませんでした。

    次回、G320Lの作業はプラグコード交換とナビ取り付けの予定。

    20160501_G320L13.jpg

    では、また。



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : メルセデスベンツ
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる