【ハネベン・300SEラング】ラジエーター装着する。

    ということで、昨日に引続きエンジンルーム内の復旧作業です。

    20150927_300selang_1.jpg
    夏の間放置されていたO/H済みのラジエーターを取り出して、
    20150927_300selang_3.jpg

    装着。よく見ると開口部いっぱいなんですね。
    ラジエーターの左右と車体側の間には薄いゴムシートが入るので取り付け忘れないように。
    もっともウチのはカリカリに硬化したいましたが。もちろんゴムシートをホームセンターで買って加工装着済み。
    20150927_300selang_2.jpg

    ラジエーターは前後位置が調節可能なので、ファンとの間隔が上下左右で均等になるようにセッティング。
    ファンとラジエーターコアの隙間は、整備書では20mm+2mmとの記載があるので、ここはそのとおりに。
    参考までに、220Sb・220SEbは18mm+2mmです。この違いはなんだ?
    20150927_300selang_4.jpg

    リフトで車体を上げて、下部のホースを接続。
    画像上方がラジエーターで左下がエンジンのウォーターポンプ。エンジンの振動を吸収するために、
    クッションホースが使われています。
    矢印はヒーターへの分岐。
    20150927_300selang_7.jpg

    オートマティックトランスミッション(AT)のオイルクーラー用配管も、
    修理中はホースでバイパスしていましたが、
    20150927_300selang_6.jpg

    ラジエーター下部に内蔵のオイルクーラーへ再接続。
    20150927_300selang_5.jpg

    せっかく車体の下に入ったので、スピードメーター用のケーブルも、
    トランスミッション後部に接続。
    20150927_300selang_9.jpg

    さてエンジンの上に戻って、上部ラジエーターホースを装着しました。
    個人的には、プラグコードとホース類の青が揃って、ちょっといじった感が好きなのですが。
    ニヤニヤしていたら重大な欠陥を発見。
    20150927_300selang_8.jpg

    クーラー用コンプレッサーベルトが干渉してる。
    20150927_300selang_10.jpg

    一気に気分が重くなったので、今日はここまで。
    クーラー用コンプレッサーベルトが即時撤去されたのは言うまでもありません。

    この画像撮影していて、またおかしなところに気が付いたんだよなあ。
    それはエンジン関係がひと段落したらどこかで。
    20150927_300selang_11.jpg

    では、また。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!
    ガッツリ干渉してるじゃないですか…。

    どうクリアするんですか?
    次の展開楽しみにしてます。
    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる