【ハネベン・300SEラング】クーリングファン換装する(その2)。

    週末1回オヤスミしていたガレージ作業ですが、本日再開。

    前回は、ラジエーエーターのクーリングファンを4枚羽根から9枚羽根に換装するために、
    変換アダプターを作ってるとこでした。

    ケガキの終っていたアルミ板にネジの下穴を開けて・・・・
    ちなみに元の4枚羽根ファンの取り付けベース厚さと同じ5mmです。
    20150829_m189_1.jpg

    高速切断器でケガキ線に近くなるように角を落とします。アルミはホイホイ削れます。
    20150829_m189_2.jpg

    取り付けネジ穴は最終のサイズに拡大してます。
    中央の逃げ穴は、小穴を線状につなげて開けてやります。仕上げは回転砥石とヤスリがけで。
    20150829_m189_3.jpg

    9枚羽根のベース部分にもアダプターの取り付け穴を開けます。
    20150829_m189_4.jpg

    加工終了。
    20150829_m189_5.jpg

    組上げ用に用意したネジとスペーサー。
    ネジとナットは強度を考えてM8の小型(対辺12mm)で虹色に輝くクロメート処理のものをチョイス。
    スペーサーは肉厚で出来合いのものがコレしかなく、ステンレスですう。
    全部通販で揃います。
    20150829_m189_6.jpg

    さっそく組上げ、9枚羽根に変換アダプターを装着した図。ラジエーター側。
    20150829_m189_7.jpg

    エンジン側。
    20150829_m189_8.jpg

    アダプターの取り付けの様子。
    スペーサーでアダプターを浮かせて、取り付け面を前方に出してファンをエンジン側に下げてます。
    20150829_m189_9.jpg

    このへっこミを前に出すために苦労したという訳です。取り付け穴の位置と数も変えてます。
    201508015_M189_6.jpg

    うれしくて、すかさずエンジンに取り付け。
    20150829_m189_10.jpg

    このあたりが機械っぽくて、町工場で作った一品モノのようです。
    もうちょっと時間かけて仕上げればさらにプロっぽくみえるのですが。
    センターもしっかり出ています。ファンの偏芯はオリジナルとぜんぜん変わらない。
    20150829_m189_12.jpg

    エンジン側のクリアランスも問題なし。
    20150829_m189_11.jpg

    ごついエンジンにプラ羽根は違和感たっぷりですが、
    製造から50年後に暑い日本でクーラー効かせないといけないので、冷却性能優先で参りましょう。
    万が一気に入らなくなっても、エンジン側をいじっていないのでオリジナルに戻すのは簡単。
    20150829_m189_13.jpg

    ということで、予定していたエンジン関係の整備は終ったような気がする。
    ATのオイルとフィルター交換は車両搭載後、エンジンが掛かってからのほうが良さそうです。

    さあ、車両側の受け入れ準備を詰めないと。

    では、また。






    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる