【ハネベン・300SEラング】遮熱板補修する。

    エンジン組み付けを前にして、三年ぐらい前から外しっぱなしになっていたパーツを引っ張りだしました。

    それがエクゾーストマニホールドの上方、インテークマニホールドに取り付ける遮熱板。

    ヨレヨレのガビガビ。折れて2分割になってます。
    20150809_M189_1.jpg
    折れ口は裂けたよう。
    20150809_M189_2.jpg

    アルミ板で断熱材を挟み込んであるのですが、端部の合わせ目が外れてパカパカしてます。
    20150809_M189_3.jpg

    ドライバーで折り目を起こして、
    20150809_M189_4.jpg

    しっかり閉じなおして、全体を磨いて平らに叩いて修正完了。
    20150809_M189_5.jpg

    2分割を1つに戻すために、0.5mmのアルミ板を調達。
    2つ折にして裏表からあてて、リベット留めします。
    20150809_M189_6.jpg

    ほい!補修・再生終了。
    20150809_M189_10.jpg

    早速エンジンに取り付け。
    インテークマニホールドの下、赤い矢印の先が遮熱板。
    20150809_M189_7.jpg

    下から見たところ。熱を出す排気管・断熱バンテージを巻いたエクゾーストマニホールドの真上に付いてます。
    取り付けはスチールバンド2本。直接インテークマニホールドに取り付けてあります。
    20150809_M189_8.jpg

    取り付けてはみたものの、この遮熱板があるとエクゾーストマニホールドの先につけるマフラーのフロントパイプの取り付け時に、
    エンジン上部からのネジ締めアクセスが困難になるんだよなあ。確か。
    だから、マフラー系いじるときに一番最初に外した気が・・・・・

    まあ、また外して付ければよいのだから。
    ちゃんと付くか確かめたということで。

    今日は他にも作業しましたが、記事のアップは明日以降に。

    なかなか車体に戻れないM189型エンジン。
    20150809_M189_9.jpg

    では、また。



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる