【ハネベン・300SEラング】クーラーコンプレッサーブラケット角度修正する。

    水平が出ていない、ハネベンのクーラーコンプレッサーのブラケット。
    思い切り左が上に上がってます。
    20150710_M189_8.jpg
    グラインダーで溶接部分をカットして、裏当てステーを分離。
    20150719_M189_1.jpg

    バリを取って、
    20150719_M189_2.jpg

    曲げて修正したい部分をバーナーで熱してたたきます。
    1分も炙っていれば充分。赤くなったらヘニャヘニャになっちゃう。
    20150719_M189_3.jpg

    仮付けとたたきの繰り返しを数回。水平になったかな。
    右から飛び出してる穴の開いたステーは右にあるクーラーベルト用テンションプーリーのベースが伸びたもの。
    背の高いオリジナルのヨーク製コンプレッサー本体に直接ネジ止めされていましたが、
    背の低いサンデンは振動も少ないので不要。
    左のプーリーの裏にあるロックナットを締めるときの邪魔になるので短くカットしてしまいましょう。
    20150719_M189_4.jpg

    一旦外した裏あてステーの位置決めをします。
    下側のあるネジ穴の位置が少々動くようです。
    20150719_M189_5.jpg

    2mm程度なので穴の拡大で対応。万力で挟んで棒ヤスリでゴリゴリ。
    20150719_M189_6.jpg

    ネジで固定して再度位置決めした状態で仮溶接します。
    20150719_M189_8.jpg

    外して本溶接。今回もアーク溶接機のお世話に。
    20150719_M189_7.jpg

    なぜか、ステーの端にギザギザになった部分が。気分が悪いのでグラインダーで修正しておきましょう。
    20150719_M189_10.jpg

    一通り済んだら、アームをカットしたクーラーテンションプーリーのベースと一緒に耐熱ブラックで塗装。
    20150719_M189_9.jpg

    細かい仕事ですが、出来ることはやってしまいたいので。

    取り付けは後日。

    では、また。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる