【ハネベン・300SEラング】インジェクターホルダーキャップ作る。

    今日の作業は、平日夜間にダイニングテーブルの上で段取りをした、
    インジェクターのホルダーキャップの作成。

    15mm厚のアルミ棒へのケガキは済んでます。
    20150713_M189_3.jpg
    ボール盤で穴あけ。センターポンチを打ってあったので位置決めは楽。
    インジェクター用の穴は13mmと大きいけどアルミだから楽チン。
    13mmドリル刃はこのために新調。卓上小型ボール盤の10mmチャックには13mmは入らないので、
    インパクトドライバー等で使う6角軸のものを使用。
    20150718_M189_1.jpg

    穴が空いたら、高速切断機でカット。
    20150718_M189_2.jpg

    角にRを付けて軽く面取り。前の画像とこの画像の間は2時間。
    作業としては、
    ①グラインダーで荒削り
    ②甲丸ヤスリで整形
    ③グラインダーに付けたブラシで荒仕上げ
    ④サンドペーパーで仕上げ。
    を三個。
    20150718_M189_3.jpg

    取り付け中。
    大きいワッシャーとナットは再利用。ナットも大き目でM6で2面幅14mmのもの。
    20150718_M189_4.jpg

    このナットの締め付けトルクは0.8mkgですが、
    以前に買ったデジタルのトルクレンチが使うたびに電池が切れていて、
    使うのが嫌になったので、5.0~40.0 Nmで使用できるタイプを新調。信頼の東日製。


    以前の状態。オリジナルのキャップの割れの為インジェクターの位置決めが正確に行われず、
    あからさまに3本のインジェクターのノズルがセンターからずれてます。
    20150705_m189_10.jpg

    お手製ホルダーキャップ取り付け完了。
    インジェクターのノズルがちゃんとセンターにありますね。こうでなきゃ。
    20150718_M189_5.jpg

    完了。全体がアルミ製なのでインジェクターのキャップ交換しても違和感ないですね。
    この画像で見る分にはオリジナルにも見えてしまう。
    20150718_M189_6.jpg

    インテークマニフォールドのチューンアップ作業はこれでおしまい。
    段付き修正とノズルセンター修正がどれだけエンジンフィールの向上につながるかは不明ですが、
    精神衛生上は非常に効果があります。

    エンジンへすぐにでも取り付けたいのですが、オルタネーター換装作業の邪魔になりそうなので
    そのあとかな。

    では、また。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる