【ランクル79・ピックアップ】純正スチールホイールをアルミホイールに交換する。

     すっかりランクル79ピックアップのページになってしまった当ブログですが、
    またもやランクルの記事です。

    今回はタイヤ・ホイールの交換。
    grj79_20150413_1.jpg

    用意したのはこのホイール。クリムゾンの「DEAN」シリーズの「CROSS COUNTRY」
    サイズは6.5J×16のオフセット+(インセット)25mm。
    5H(穴)、PCDは150mm。ハブ穴径は110.3mm。
    色は画像と同じ「マーガレットホワイト」
    スチールホイールみたいですが、アルミホイールです。
    grj79_20150413_15.jpg

    タイヤはオンロード派には定番中の定番。ヨコハマ・ジオランダーのA/T-S LT235/85R16。
    ホイールに組み込まれた状態でガレージに到着。
    grj79_20150413_5.jpg

    純正スチールホイール用取り付けナットは22mmのレンチを使うタイプ。
    今回のホイールはナット取り付け部の穴の径は小さく21mm頭のナットが必須。

    仕方なくナットを調達。ボルト径は14mmと太いです。
    grj79_20150413_2.jpg

    ロックナット4個入りの20個セット。ネジピッチは1.5mmね。
    grj79_20150413_3.jpg

    アマゾンで買えます。
    KYO-EI [ 協永産業 ]  Bull Lock RE Guard [ 袋 21/22HEX  M14×P1.5 ] Lock&Nut クロームメッキ [ 個数:20P ] [ 品番 ] RE0600KYO-EI [ 協永産業 ] Bull Lock RE Guard [ 袋 21/22HEX M14×P1.5 ] Lock&Nut クロームメッキ [ 個数:20P ] [ 品番 ] RE0600
    (2012/03/21)
    KYO-EI

    商品詳細を見る


    フロントの純正ホイールを外したところ。ディスクキャリパーは住友の4ポッド(ピストン)だあ。
    その昔の日産プレジデントは住友ダンロップの4ポッドキャリパーで、
    スポーツオプションとしてスカイラインなんかに流用したんだよなあ。
    ディスクは当然ながらベンチレーテッド。
    grj79_20150413_20.jpg

    新ホイール取り付け中。基本ですが、最初はボルトを機械締めしないこと。
    grj79_20150413_4.jpg

    ホイール取り付け完了。
    grj79_20150413_6.jpg

    ナットはすっかりホイールに埋もれてます。手締めの画像でも使っていますが、
    21mmの肉薄ホイールレンチが必須ですね。
    grj79_20150413_7.jpg


    次にセンターキャップを取り付けましょう。
    キャップは2ピース構造。
    grj79_20150413_8.jpg

    リアはすんなり付きましたが、フロントはハブの出っ張りが気持ち大きくて、
    中央部の蓋が付きません。
    grj79_20150413_9.jpg

    蓋の裏にははずれ止めの針金バネがあるのですが、これを外してから再度はめてみると、
    grj79_20150413_10.jpg

    付くことは付きますが、ちょっとだけ浮き上がります。
    grj79_20150413_11.jpg

    一番かんたんな解決方法として、キャップ外側のリングを取り付けるボルトにワッシャーを入れて1mm強浮かせます。
    grj79_20150413_16.jpg

    見てくれはOKになりました。中心の蓋を止めるための爪の針金バネは抜いてありますが、爪そのものはハブにピッタリくっついているので真ん中の蓋は外れないと思いますが・・・。
    grj79_20150413_17.jpg

    作業終了。
    オフセットもちょうどいい。1cm位フェンダーから引っ込んでるかな。ツライチだと逆に出っ張って見える。
    grj79_20150413_14.jpg

    交換前 純正スチールホイール+純正装着ダンロップSP7.50R16LT
    足元がちょっと暗い感じ。
    grj79_20150413_13.jpg

    交換後 DEAN・CROSS COUNTRY+ジオランダーA/T-S・LT235/85R16
    白いホイールにメッキのセンターキャップは60年代の商用車のイメージ。
    扁平率が小さいとタイヤのサイドウォールが広くて重くなりがちですが、ホワイトレター(白文字)がカバーしてくれてます。
    足元が軽快な感じになったね。
    grj79_20150413_12.jpg

    足元が明るくなって、本人的にはメッキが入ったダークレッドマイカのボディとバランスが取れたと思ってます。
    暗いグレーの純正スチールホイールがしっくりこない、メタリック系のピックアップにはこのホイールは良いかも。
    grj79_20150413_18.jpg

    これならリゾートホテルの正面に駐車しても違和感ないでしょう。
    今後のドライブが楽しみです。

    ちなみに、交換後20キロ程走行しましたが、乗り心地が良くなりました。
    純正のトラック用タイヤに比べて路面のショックを吸収しているようです。
    トレッド面は若干太くなっていますが気になりません。
    正確な数値は不明ですがホイールそのものも重量が軽くなっているはず。
    これらで足元のドタドタ感が軽減されているのだと思います

    これは良かった。

    ああ、スペアタイヤも同じもの買わないといけないですね。今度調達しましょう。

    ではまた。







    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 新車・ニューモデル
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    アルミホイールの白がいい感じですね~

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    はじめまして、同じホイール、タイヤを履いているのですが、
    フロントのキャップのアイデアは思いつきませんでした、ぜひ使わせていただきます。
    DEANは年始に納車スタッドレス用にホワイトを買ったのですが気に入ってしまい、
    夏タイヤ用としてマットブラックを買い足してしまいました。
    黒でもメッキのキャップがあるおかげで足元が重くなりすぎず、なかなか良いです。
    重量は実測で一本あたりノーマル38.4kgからDEAN+ジオATは32.9kg、1本で5.5kg軽く
    なっているはずです。
    では。

    Re: No title

    こんにちは。当方の記事がお役にたてて幸いです。
    DEANのクロスカントリーは良いホイールですよね。
    当方もとても気に入っております。
    冬用にはブラVを考えているのですが、
    クロスカントリーのシルバーでも良いかなあと思ってしまいます。

    落ち着くまでいましばらくアチコチ手を入れると思いますので、
    たまには見に来てください。



    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる