【ハネベン・300SEラング】再びリアのエアサス動作チェック。

    せっかくレベリングバルブを外して内部洗浄・機能回復したはずなのに、やっぱりリアの車高が上がってしまったウチのハネベン。

    レベリングバルブが機能したのは確認したので、エンジンルーム内にあるメインバルブの動作を疑いました。
    もしかしてバルブの凍結?

    おお!寒いときはアルコール入れなきゃ。といっても、酒を飲むことではない。

    気温5度以下の時は、96パーセントのエタノールをエアサスのエアフィルター直後にあるポットに満たすこと。
    と書いたステッカーが張ってある。これは圧縮空気中の水分でバルブがの凍結することを防ぐためのもの。
    AntiFreeze_lavel.jpg


    ウチは毎日朝の気温は0度前後。やっぱり必要ということで近所で燃料用アルコールを購入。約500円。
    メチル76パーセントのエチル21パーセントだけど今回は良しとする。 全然良くないです。マニュアルでは燃料用アルコールは緊急時のみと書いてあります。日本薬局方エタノールの半額だった。
    20150127_300selang2.jpg
     
    蓋をはずして注入。この下にプラ製のボトルが隠れている。
    右側がメインバルブ。
    20150127_300selang1.jpg

    こんなのね。
    負圧で吸い込まれたエアーがポットの中にジェットで噴出し、アルコールを拡散させ、
    エアとの混合気をコンプレッサーの送り込むというもの。
    AntiFreeze_pot.jpg

    ガレージのコンプレッサーからエアを送るとアルコールが入らないので、
    エンジンを掛けてエアサスを動作させます。

    今日は上がりすぎることは無し。イン側のバルブが正常動作して正常車高でエアを止めているいる証拠。
    20150127_300selang6.jpg

    このあと、わざと車高を上げたんだけど、やっぱり下がりが悪い。
    エアを抜くほうのパイプ=メインバルブ方向の流れが良くないみたい。
    やっぱりメインバルブの状態を外して確認するようなかあ。エアの配管内部もチェックが必要か。

    まあ、時間かかるけど作業そのものは嫌いでないのでよしとする。


    では、また。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる