【ハネベン・300SEラング】リアアクスルキャリアのラバーマウント交換する。

    これまであちこちのラバーマウントを交換してきましたが、
    リアアクスルにもラバーマウントが。

    リアアクスルをボディーから吊り下げるキャリアのアクスル側にラバーマウントがあります。
    20141206_300selang6.jpg

    すでにバラシ中。整備書には「最初に右側のドライブシャフトを抜け」と書いてあるが、省略して作業。
    真ん中に見えるシャフトにマウントが通っている。
    20141206_300selang5.jpg

    真ん中に入っているシャフトはロックピンがあるので抜くのを忘れないように。
    装着するときは、シャフト側の切り欠きの位置をあわせること。
    20141206_300selang2.jpg

    新旧ラバーマウント。一部ではチクワともおばれているよう。
    スチールの二重の筒の間にゴムが入っている。
    上の新しいほうはなぜか2mmほど左端が長いのでこのあと短縮加工した。このあたりが社外品っぽいなあ。
    下の古いほうは、右端からゴムが出ているのか?
    20141206_300selang3.jpg

    ラバーリングが劣化したようにも見えるが・・・
    20141206_300selang4.jpg

    この位置にはラバーリングは入らない。グリスが固まったのかなあ。新車から45年は経過しているからねえ。
    今回交換しているのは、5番のパーツ。
    他のシール類はまだ行けそうなので今回はパス。
    20141206_300selang1.jpg

    トランクの奥にある車体側のラバーマウントは、以前に交換済み。
    そのときの記事1
    そのときの記事2

    ここでリアアクスル側も交換したので、後輪からくるドタドタした振動はあまり出ないのではないかと。
    高級車の乗り心地がどれだけ再現できるのか楽しみですね。

    ああ、すいません、完了写真撮り忘れました。
    作業前と外観は変化ないので・・・・・・
    最後に二箇所あるグリスニップルに給脂しました。

    次はラジアスアームの基部のブッシュの交換かな。

    では、また。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    はじめまして、縦目300の記事拝見させて頂きました。私、修理工場を千葉県で営むものですが、趣味?でW110の230を購入したのですが、デフの右側にある、ユニバーサルジョイントのスプライン部が付け根からポッキリ折れておりまして、がっくりしてます。中古部品で多分?300SEのデフ、ホーシングASSY〈画像と似ています)が有るので、取り付けようと考えてます。デフの辺りの修理解説書、トルクなどの資料有りましたら、お譲り頂けませんか?
    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる