【ハネベン・300SEラング】リア換装用ディスクブレーキキャリパーOHする。

    リアブレーキのキャリパーは前回ピストン外しまで行ったので、今回は清掃とシールの交換。

    錆(こげたグリスかも)が浮いているピストン。左右系4個とも大体似たような感じで錆が浮いてます。
    やっぱり径は35mmではなく38mmでした。
    20141124_300selang1.jpg
    1000番と2000番のサンドペーパーで錆落しと表面研磨して完了。
    幸い深い錆やカジリ傷はありませんでした。
    ペーパー掛けはあくまでも汚れ落し。汚れが散れればよいわけで、夢中でこすらないこと。
    こすりすぎると、ピストンの径が小さくなったり、真円度が低くなったりする可能性が。
    また、必ず円周方向にペーパーを動かすこと。上下方向に掛けると縦スジができたときに、
    ブレーキ液もれの原因になる可能性が。
    20141124_300selang2.jpg

    シリンダー内のシールを交換し、ピストンを手で入れたところ。
    ダストカバーは仮付け状態。
    20141124_300selang3.jpg

    38mm・リア用のシールのキットはこれね。ATE純正。
    ate_caliperkit38mm2.jpg

    ピストン取り付けの時にお約束があります。
    ピストンのパッド側にある切り欠きはディスクが回転してくる方向に向けること。20度の角度を付けること。
    ATEのピストンシールキットの説明書より。
    20141124_300selang4.jpg

    作業完了。
    ブレーキパッドはW109のリアキャリパーから外した新品のような物に交換。
    メルセデスマーク入りの純正部品でした。
    20141124_300selang5.jpg

    反対側。ディスクパッドを固定して押さえバネを取り付けるシャフトはたまたま持っていた新品をつけました。
    20141124_300selang6.jpg

    2時間かかって1個だけしかOHできなかった。

    残りのひとつは次の週末でも。

    ATEディスクブレーキキャリパーのOHのもう少し詳しい内容は
    250CEの過去記事で。


    では、また。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる