【ハネベン・300SEラング】中古リアキャリパーのピストン抜く。

    今日、少しだけガレージに入る時間が取れたので、
    アメリカから持ってきた中古の300SEL6.3初期型用リアベンチレーテッドディスク用キャリパーのO/Hをはじめることに。

    ピストンのオイルシールを交換するには、ピストンを外さないといけません。

    ブレーキオイルパイプの接続口にエアガンを当て、エアーを入れてピストンを中から押し出します。
    コンプレッサーから来るエアーの圧力は一番高くなるようにしておきます。

    ウチで使ったエアガンはコレ。ストレートさんのエアブローガン。
    先端にラバーチップが付いています。
    アマゾンでは1140円。先端のラバーチップも単品の供給があります。
    airblowgun2.jpg

    エアーはピストン2個に均等に作用しますが、左右一度に出てくることは稀で、
    どっちか噛み合わせが硬い片方が残ります。
    外れたほうはシリコングリースを塗って再度少しだけ押し込んで蓋にしてロックします。
    残った方は押し込んで少し動かし、またエアを入れて・・・とダマシダマシ抜いてゆきます。

    黄色い矢印の場所がブレーキパイプの接続穴。
    エアブローガンのラバーチップが密着するのでエア漏れなし。
    先に外れたピストンを蓋にして、飛び出してこないようにブレーキピストンセパレーターでロックしています。
    2つ目のピストンも外れて左に転がっていいますが、エアブローガンを当てている不自然な説明用画像。
    20141115_300selang5.jpg

    2個のキャリパー=4個のピストンが抜けてひと段落。
    ちょっと錆が出てますね。シール内にラバーグリスの塗りこみが足らなかったのかな。
    目の細かいサンドペーパーで落せば問題ないと思うのですが。

    ピストンとシリンダーは微妙な径の違いで相性がある場合がありますので、
    抜いた場所がわかるようにマーキングしておきましょう。
    20141115_300selang2.jpg

    ということで、今日は時間切れ。
    次回は外側とピストン・シリンダーの清掃をしてシールの入れ替えをしましょう。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる