【ハネベン・300SEラング】中古リアアクスルの元車判明する。

    軽トラックに載ってやってきた、W109用のリアアクスル一式ですが、
    W109用とは判っていても、グレードが不明。エアサスの300SELは間違いないのですが、

    忘れていました。ギア比=デフの最終減速比はいくつなのか。
    数少ない定期閲覧者の方からもコメントをいただき、ますます気になる。

    そこで、買ってきた店にメールで車台番号を問い合わせてみると、
    「109016120000●9」とのこと。
    頭の6桁が「109016」ということは、それまでのM189・3Lエンジンから、1968年にM130・2.8Lに換装されたモデル。左ハンドルのオートマ車。しかしシャーシナンバーが若いこと。2桁ですよ。2桁。
    リアのエンブレムは「300SEL」のはず。

    肝心のギア比はというと、3.92で、ウチのW112と同じでした。
    これでスピードメーターの誤差がでることもなく、安心して換装できます。

    ちなみに、1969年からのV8・M116エンジン搭載の300SEL3.5は頭の6桁が「109056」でデフのギア比は3.69、
    M100エンジン搭載の300SEL6.3は「109018」でデフのギア比は、2.82(!!)です。

    w109_016_rearaxle1.jpg

    では、また。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる