【ハネベン・300SEラング】ステアリングナックル・フロントハブ一式取付する。

    いよいよステアリングナックルをフロントのサスペンションに組み付けます。
    上下のサスペンションアームに専用ボルトで組み付けます。
    アームとキングピンASSYの間にはグリースキープのためのラバーブッシュが入ります。

    組付時に上下と中間3箇所のグリースニップルからブッシュからはみ出すまで十分にグリースを注入。
    もちろん、はみ出した分は綺麗にふき取っておきます。
    20140518_300selang5.jpg


    組み付け終了。
    上アーム側のボルトシャフトは変心のカム構造になっていて、キャンバー調整もこのボルトを回して行います。
    20140518_300selang4.jpg

    今度はハブの組み付け。
    もともと素性のわからない車のパーツなので、インナー・アウターのベアリングとリアのグリスシールを新品に交換します。
    20140518_300selang8.jpg

    交換後。インナー(車体)側はベアリングの上からシールを打ち込んでグリスの漏れを防ぎます。
    20140518_300selang9.jpg

    整備書にはグリースの使用量も記載されています。
    ベアリングそのものに45から55g、ハブキャップ内部に15から25g使用します。
    ホイール(ハブ)ベアリングの組み付け時の遊びも記載。0.01から0.02mm。
    20140518_300selang6.jpg

    今回使ったグリースは、メルセデスの専用品。150g入り。1本で両側できる量です。
    20140518_300selang7.jpg

    アウター側のベアリングをロックナットで仮止めして、遊び量を調整します。
    0.01mm単位の調整はダイヤルゲージでないと難しいです。
    20140518_300selang10.jpg

    内部に規定量のグリスを入れてハブキャップを取り付けます。
    右に見えるのは、ロックナットと専用ワッシャー。
    20140518_300selang11.jpg

    キャリパーも取付け。取付けボルトの締め付けトルクは11.5mkp。
    20140518_300selang13.jpg

    タイロッド左右・センター(ドラッグリンク)の三点も新品を取付け。ブレーキホースも新品を取付け。
    ステアリングダンパーは新品買っておいたのですが、なぜか行方不明。とりあえず以前のを戻す。
    20140518_300selang12.jpg

    組み付けが終わった左右ハブ周辺を正面から見たところ。ショックも新品。スタビも強化ブッシュに交換済。
    ブレーキパッドの押さえ金具が左右違うのが気になるなあ。今度新品に交換しましょう。
    20140518_300selang14.jpg

    ということで今日はここまで。
    タイヤ付けて、コンプレッサーでエア入れれば再び車庫の外に出せるようになりました。

    次回からは、エンジンルーム内に戻って、
    マスターバック・マスターシリンダーの取付とブレーキラインの配管作業に移ります。

    足元キラリン。気分よいねえ。
    20140518_300selang1.jpg

    ではまた。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる