【ハネベン・300SEラング】キングピン交換作業再開する

    パーツ入荷待ちのため中断していた、ハネベンのフロントアクスルのキングピンの交換作業ですが、
    本日実施しました。

    参考までに、キングピンはフロントタイヤを左右に曲げるときの「軸」のこと。

    3月の終わりに、ディスクブレーキ付きステアリングナックル(右用)から取り外したキングピン。
    20140322_300selang5.jpg

    左側(下)は、分解できずに切断。

    20140322_300selang6.jpg

    今回使うパーツ

    この図がフロントアクスル分解図(クリックすると拡大します)
    ちなみに13番はサブフレームマウント。昨年交換済み。
    20140511_300selang3.gif

    図の23番、キングピン交換キット
    20140322_300selang7.jpg

    図の18番キングピンの下端側のキャップ、リンクピンの交換キット
    20140322_300selang8.jpg

    仮組みしたら、ナックル(キングピンを通す車軸の付け根)中央のニップルから、グリースをキングピンの上下からはみ出てくるまでしっかり注入します。
    このグリースは普通のシャーシグリースで大丈夫。今回は在庫があったモリブデングリースを使っています。
    ブレーキキャリパーは、ハブベアリングの交換を行う予定があり、重たいので一旦外しました。
    20140511_300selang1.jpg

    とりあえず、リンクピンもつけて再仮組み。
    キングピン交換キットには、ナックル側の内壁に仕込んであるグリース潤滑用溝つきの砲金製のカラーも付いていましたが、ガタ・磨耗もないことと、交換が面倒そうだったので換えませんでした。
    20140511_300selang2.jpg

    ナックルの上下だけ新しくなってます。
    本組みは回転軸方向のずれを防ぐために車体に取り付けるときに行います。

    車体に取り付ける際は、
    さっきの図の20番、ダブルウイッシュボーンの上下アームに取り付けるピンも新品に交換します。
    これはアッパーアーム側用。ロアアーム用はリンクピンキットに一緒に入っています。
    このゴムのブッシュが純正品だと1枚1000円近くする。
    20140322_300selang10.jpg

    今日はここまで。
    次回は、車体への取り付けとハブベアリングの交換予定です。

    そうそう、リアブレーキディスクのベンチレーテッド化ですが、
    やっと見つけたベンチ用リアキャリパーがまもなく届きます。
    しかし重大な事実が判明。
    リアのベンチディスクはスリットがドリルドホールの入った社外品が見当たらず、
    純正相当品が1枚350ユーロぐらいするみたい。さあどうするかなあ。

    詳細はまた。

    ではまた来週。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる