【ハネベン・300SEラング】復活まで道半ばだけど、ここまでの道のり

    えー、今日は諸般の事情でガレージ作業はオヤスミでした。

    そこで最近このページに来られた方向けに、現在メンテ中のハネベン・W112/300SEラングの購入からここまでのメンテ経過をおさらいしておきましょう。

    2009年5月
    ネットで富山の中古車店で売られているハネベンが、リアドアのガラスが横長なのを確認。
    ロングボディの可能性高し。国内で初めて売られているハネベンのロングボディを発見し猛烈に興奮する。
    20140126_300selang0.jpg

    とりあえず神奈川から実車を確認しに行く。


    売られていたハネベンは確かにロングボディーの300SE。
    車検切れ。ジャンプケーブルつないでもエンジン掛からず。純正のエアサスはエア抜けてぺったんこ。
    でも塗装・メッキはそれなりに綺麗。
    価格表示は「ASK」だったが、聞くとそれなりに高額だった。
    店の青年がへんな場所にジャッキをかけていてあきれる。
    手持ちの資金もなく何もせず帰宅。
    20140126_300selang1.jpg

    2ヶ月後、2009年7月、やっぱり気になりもう一度見に行く。

    今度はエンジンも掛かり、敷地内で試乗させてもらう。
    エンジンはアイドリング高くアクセル踏むとバラバラと不安定。ブレーキは弱くおっかない。
    シートとドア内張りは張替えてあることを確認。でも天井やリアトレイは古いまま。
    中途半端なレストア感と価格と予算が吊りあわず、手を出せず。
    20140126_300selang2.jpg

    一年後、2010年6月ヤフオクに出ているのを発見。
    スタートは店頭価格の半額以下。なんとか納得が行く資金調達可能範囲で落札する。

    2010年7月
    車検は無いがついに納車。しかし運転席窓ガラスが落ちていて粘着テープで固定。
    さらに翌日エアサスがペタンコで早くもがっかりする。
    よく陸送できたなあ。
    20140126_300selang3.jpg

    ~2010年12月
    自宅ガレージ゙で作業開始。
    エンジン点火系一新。123イグニッション装着。アイドリング安定するもマフラーから排気もれでボロボロ音する。
    オイルフィルターケース内部パッキン全交換。
    20140126_300selang4.jpg

    2011年
    マフラー補修のため外そうとするも、バンド締めの分割部分が溶接されていたため全体が長すぎて下に落とせず。
    試行錯誤の末、しかたなく車体後部を吊って抜く。外したマフラーは穴だらけの補修跡から排気漏れだらけ。
    危険な作業にリフト導入を考え始める。燃料タンクもついでに外す。
    フロント右エアサスレベリングバルブから音がするほどエア漏れ有り。ドイツにOH出すも20万掛かる。
    20140126_300selang5.jpg

    2012年1月
    自宅近くの凍結路面で転倒・足首骨折の為歩けず2ヶ月入院する。とうぜんながら+αの期間作業中断。

    2012年4~8月
    マフラー補修に熱中。新品マフラーをフロントパイプを除き入手。
    しかたなく半自動溶接機を買い、フロントパイプを自前で補修する。
    20140126_300selang6.jpg

    20140126_300selang7.jpg

    2012年9月
    年始2ヶ月入院分の医療保険金が入る。長年多額の保険金を払い続けた甲斐があり収支はプラスになる。
    それを原資に待望のリフト(4柱の中古)導入する。
    20140126_300selang8.jpg

    このころ、もう一台の縦目、250CEを次期足車にすべく修理に熱中する。
    ハネベンは放置状態。

    2012年11月
    久々のメンテ。清掃・塗装した燃料タンク取り付け。タンク・ポンプ周辺燃料ホース交換。
    20140126_300selang9.jpg

    20140126_300selang10.jpg

    2012年12月~2013年11月
    250CEの修理は継続。
    さらに資金も無いのにほぼ衝動的に購入した足車の1995・G320Lの体質改善・エンジン始動不良トラブル解消に熱中。
    ハネベンは完全に放置。

    2013年12月
    そろそろエンジン動かさないと、各部に残ったガソリン腐ってドロドロの危機感あり。
    半年掛けて足車のG320Lが安心して走れるようになり、
    250CEはいつまでたってもエンジン回復のきざしがないので、
    やっとハネベンのメンテ作業再開する。

    マフラー付ける前に、つぶれたエンジンマウント類を交換しないと正確な位置決めができないので、
    まずはエンジンマウント交換から手をつける。
    20140126_300selang11.jpg

    ~2014年1月
    多少の手持ち新品パーツがあったこともあり、足回り・ブッシュ類の交換に熱中する。
    マフラー仮取りつけする。
    20140126_300selang12.jpg

    というのが、現在までの主な経過。
    時間ばかりかかって、大したことしていないですね。他に手が掛かるメルセデスが2台もあるのがよくない。


    さて、今年の今後の予定ですが、

    ●継続中のスタビ・足回りブッシュ交換

    ●エンジン始動

    ●クーラント・ラジエータホース交換、ラジエータ状況確認。場合によりコア交換
    ●クーリングファンを4枚羽から6枚羽へ交換・増強

    ●組み付けたマフラーの本溶接

    ●エンジンオイル・ATF・デフオイル・パワステオイルの交換

    ●運転席窓レギュレータ付近の補修

    ●フロントブレーキ強化及びリアブレーキOH
    20131228_300selang7.jpg

    ●純正から変に換装されたブレーキブースターの再交換及びブレーキマスターのタンデム化
    20140126_300selang13.jpg

    ●ヘッドライトの4灯US・日本仕様から2灯ユーロ仕様への換装
    20140126_300selang14.jpg

    等がパーツも概ね揃って作業準備中です。
    お楽しみに。

    車検はともかく、今年中に普通に走るようにしたいですね。

    画像は3年前、2011年1月の姿。
    20140126_300selang15.jpg

    ではまた。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる