【ハネベン・300SEラング】リアキャリパーサポートのブッシュに手をつける。

    部品待ちの作業がたまってますが、せっかくの休みに何もしないのももったいないので、リアブレーキサポートのリンクブッシュ交換に手をつけることに。

    この部分ははリアブレーキキャリパーのフローティング機構。ブレーキをかけるとキャリパーと一緒に車輪の回転方向にレバーが動いてリアの持ち上がりを防ぐもの。同じハネベンでもW111やW108には無い、エアサス仕様のW112とW109、W100の600のに使用している贅沢なメカ。
    ポルシェみたいにブレーキを踏むと車体全体が沈み込むというあれです。

    ブッシュはアームの先端で場所はここ。ここでボディにつながります。
    キャリパーとアームはベアリングを介してアクスルに繋がっています。
    20140104_300selang7.jpg
    外からはこれしか見えません。ブッシュはぺっちゃんこで役立たず。
    ブレーキかけるたびにギクシャクしてたのかな。
    20140105_300selang1.jpg

    ボディ側のマウントは室内にあり。後部座席を外すと背もたれの下端あたりにあります。
    ナットにはゆるみ止めのロックピンが入っています。
    20140105_300selang3.jpg

    車内のナットを外して、全体が現れたものの、
    やっぱり上下ブッシュの真ん中に入っているカラーが固着。
    20140105_300selang4.jpg

    片側はボルト頭を切断して取り外し。
    外したあと、カラーとボルトの分離に成功。ボルトとブッシュだけ調達すればOKだね。
    20140105_300selang5.jpg

    新品はこんなものらしい。ブッシュのサイズが2種類あるのがみそ。
    せっかくなのでウレタンブッシュにするかなあ。このサイズは国産乗用車のスタビエンドによくあるサイズだね。
    20140105_300selang6.jpg

    さあ、どうするかな。
    パーツ調達。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる