【ハネベン300SEラング】トレーディングアームブッシュ交換する。

    今日もハネベンの作業。今回はまたもや足周りのゴム交換です。

    これが、縦目Sクラスベンツのエアサス車のリアアクスル一式。
    手前がフロント方向。

    車体とつながる部分は、
    ①左右から上方に伸びたショックアブソーバー
    ②アクスルの中心から真上に伸びたアクスルサポート(茶色く見える丸パイプ状のもの)。
    ③サスペンション(バネ)。この画像ではアクスルチューブすぐ手前の銀色の部分にエアサスのバッグが付きます。
    ④トレーディングアーム。画像手前に伸びた2本のアーム。
    ⑤左右ブレーキから伸びるブレーキサポートレバー。

    今回は④のトレーディングアームのボディ接続部分(黄色い矢印)のブッシュを交換します。
    20131222_300selang_9.jpg

    実車のトレーディングアーム。右手前がアクスルチューブ。
    真ん中にエアサスのベローズ(ゴム製の空気バネ)。
    黄色矢印の部分が、トレーディングアームのボディへの固定部分。
    ここにゴムブッシュがある。
    20131222_300selang_8.jpg

    接続部分の画像。
    ボディ重量はサスが負担するのでトレーディングアームの角度変化の吸収と位置決めがこの部分の主な役目。
    アームの下からマウンティングプレート付いて脱落しないようになってます。
    20131222_300selang_10.jpg

    マウンティングプレートを外したところ。
    ありゃ?ボルトのセンターがアームの穴の中心と合っていません。
    20131222_300selang_13.jpg

    ブッシュをこじって外します。
    20131222_300selang_11.jpg

    新旧のブッシュ。左が新で右が旧。
    旧は穴が長円形になっているのが判ります。
    リアアクスルが車体に対して前後方向に移動しようとする力を長い時間受けたので、
    こんな風に穴が延びてしまいました。そしてゴムは硬化。
    これでは、アクスルが前後にずれて変な挙動がおきるかも。
    20131222_300selang_12.jpg

    新品をアームに装着。受けには前方方向にガードがあるので斜めに押し込みます。
    装着したのは良いけど、アクスルがリアに逃げて、ボディ側の出っ張りとトレーディングアームのブッシュの穴の中心が合いません。
    右上はリフトサポート。これでアームを上下させてゆきます。
    20131222_300selang_14.jpg

    取り付け作業状況。
    アクスルをリフトサポートで後ろから押して前後方向の位置を合わせ、
    パンタジャッキでトレーディングアームを上げて固定してゆきます。
    20131222_300selang_15.jpg

    引きの作業状況。こんな感じでリフトサポートは活躍中です。
    20131222_300selang_16.jpg

    これは、ちょっと高級品。でも一人リフト作業にはとっても便利。




    ということで、なんとか両側を交換。
    実作業時間は2時間でした。

    次は最初の画像②のアクスルサポートとボディの間につくマウントの交換の予定です。
    またもやゴム交換です。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    コメントの投稿

    非公開コメント

    こつこつと

    文字通り縁の下の力持ちの交換は地道な作業ですね。
    肩こりとの戦いが待っている?
    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる