【95・G320L】G、3回目のクランク角センサー交換する

    爽やかな朝。涼しいうちに作業開始。

    20130928_g320l1.jpg

    三回目ともなれば慣れたもので、作業も早い。


    アンダーガード外し、冷却水抜き、ボンネットステー外しの後、
    ヒーターホース3本外して、センサー外し。

    今回、クランク角センサーは純正品を使用。
    定価18000円超。
    20130928_crankalglesensor_1.jpg

    左が納車時から今までついていたもの。
    右が今回買ったもの。
    20130928_crankalglesensor_5.jpg

    全く同じ。メルセデス番号もボッシュ番号も成型も同じ。
    20130928_crankalglesensor_3.jpg

    これが、センサーとエンジン本体との間に挟まる「シム」。コレをなくすとたいへん。
    相手との距離が近すぎになる。接触するかも。
    20130928_crankalglesensor_4.jpg

    1時間で交換完了。
    クランク角センサーは、こんな感じで収まっている。シムが挟まっているのも見える。
    引抜・差込方向に補機があるので、途中まで斜めに抜き差ししなけらばいけない。ところが、最初に交換したボッシュの品番違いも、交換してもらったSWAG=Febiも差込が硬かった。
    今回の純正=BOSCHは、すんなり差し込めた。ここがコレまでの2つとぜんぜん違う。
    ちなみに左上手前に見えるのは、オイルフィルターケース。20130928_crankalglesensor_2.jpg

    エンジンはすんなり始動。
    あとはバラしたものを元に戻すだけ。
    20130928_g320l2.jpg

    このあと、戻した冷却水の空気抜きも兼ねて3キロ先のホームセンターまで往復。
    快調な走り。センサー交換前との変化は不明だが、以前と比べるとエンジンが綺麗に回るようになっているのは間違いない。マイクロロン注入後に1200キロほど走ったのでその効果も出てきているのかもしれない。
    エンジンフィールは以前に乗っていた同じエンジンのE320と変わらない。
    乗り心地もそうだが、精神的にすっきりした。これで遠出も安心。
    燃費良くなっていれば、もっとすっきり。

    このまま何もなければ、Gの年内の整備予定は、すでに材料購入済みのATF交換とスタッドレスタイヤへの履き替え。

    関係者の皆様お騒がせいたしました。

    縦目ファンの皆様、半年振りに250CEの修理が再開できそうです。


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる