【W114・250CE】点火系交換着手する

    昨日はハネベンの修理で疲れたので、今日は気分を変えて250CEに手をつけました。

    とりあえず、プラグ交換。
    イリジウムIXの6番を使用。ヤナセの日本語オーナーズマニュアルはNGKで6番相当だけど、英語の社外マニュアルだと7番や8番だったりする。
    箱見たら、プラグギャップはイジルなって書いてある。イジル必要がないということだろう。
    計ったら0.8mmだったのでよいこととする。
    各種マニュアルではM114エンジンは0.5~0.6mm指定のことが多い。
    20120408_250CE点火系入換5


    そして123イグニッションの取り付け。
    20120408_250CE点火系入換6

    123イグニッション別画像
    メルセデス6気筒用でECUへ行くインジェクションのトリガー出力がついたもの。この仕様のエンジンはW114用M114にしか設定が無い。
    V8はまだ発売されていないみたい。
    123igni_for_w114_250ce_1.jpg


    進角カーブセッティングは、W114・250CE専用の「C」
    底にある六角ボルトを外してセッティングします。

    -画像-

    スターターをちょいちょいと動かして、クランクプーリーの目盛りを1番ピストンの上死点(0度)にあわせて、
    20120408_250CE点火系入換4

    とりあえず差込みました。
    デスビ後ろの白いチューブは進角用のバキュームチューブ。
    もともとはフロント側を通っていましたが、123イグニッションのデスビのバキューム接続部が反対側だったのでこんな感じになりました。
    20120408_250CE点火系入換3

    いままで付いていた、セミトラも外して、
    コイルもデンソーのGTコイルから、ボッシュのレッドコイルに交換。
    このコイルの実測値は1.7Ω。123イグニッションは1Ω以上のコイルの使用を指定しているので、
    このままでもつかえるけど、コイル指定の外部抵抗1.8Ωが見つかったらつけましょう。
    青い抵抗は0.4Ωでコイルの外付けとは別物。イグニッションオンの+との間に入ってる。抵抗出た後は、点火系とスターターのマグネットへ配線が伸びてます。
    20120408_250CE点火系入換2

    コイル別画像
    bosch_coil_0221119030.jpg

    作業終了時のエンジンルーム
    20120408_250CE点火系入換1

    ここまできたところで時間切れ。
    次回はデスビの配線と、123デスビの点火時期セッティング、ハイテンションコードの取り付け、できればタイヤ交換もしたいですね。


    燃料も入れ替えないと・・・。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる