【ハネベン・300SEラング】リアディスク・キャリパー初めて見る!

    マフラー修理の関係で、購入後1年半経って、初めてリアのタイヤを外しました。

    さて、タイヤを外して現れたのはディスクブレーキとキャリパー。
    リアタイヤを外したのが初めてなので、キャリパーを見るのも初めて。

    w112_rearbrake_dunlop_caliper1.jpg
    おおっ!!
    パーキングブレーキ付のディスクブレーキキャリパーには
    刻印は「LAIZENZ DUNLOP」の文字と「ATE」のロゴ。
    でもDUNLOPキャリパーの特徴であるピストン分離タイプじゃないですね。
    w112_rearbrake_dunlop_caliper2.jpg

    やっぱり「ATE」がライセンス生産で「DUNLOP」のキャリパー作ってたんですねえ。
    でも、これはW112専用キャリパー。W198の300SLロードスターに似たようなキャリパーつかってます。ちなみに、この後のW108・109はパーキングブレーキはディスク一体型ドラムになります。

    ATEでO/H用のキット出ないかなあ。

    パーキングブレーキ付のキャリパー見るのも初めてなんですけど、
    こんな風にくっつけているんですねえ。
    w112_rearbrake_dunlop_caliper3.jpg

    フロントに比べるとリアのキャリパーはダストも多くなく、結構状態よさそう。
    でも一度フロントと一緒にバラシて状態見ておいた方がいいですね。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる