【縦目パーツ】ダッシュボードセンター「ステレオ」スピーカー

    ※後日の検証でW111・112・110のダッシュへの埋め込みには
    車体側の加工が必要なことが判明しました。
    オーダーの際はご自分の車両のスピーカーの形状をご確認ください。


    ちょっと前にネットで見つけたGOODな縦目用パーツがコレ。
    少し大きい文字今日アメリカから届きました。

    米・レトロサウンド社の楕円形スピーカ。
    4インチ×8インチはメルセデスのダッシュトップのセンタースピーカーサイズ。
    retrosounds_r48n_1.jpg

    続きを読む

    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】+側のメイン配線引きなおす。

    さて、今日はボルテージレギュレーターから室内に向かう+のメイン配線を引き直し作業。

    下回りをいじる必要がないので、車を屋外の明るい場所に出して作業。
    20141004_300selang1.jpg


    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】ダッシュスピーカー付けようとする。

    先週届いたダッシュボード埋め込みスピーカを、早速取り付けることに。

    ウッドのグリルを外します。スピーカとの間にはさらにメッシュのガードがある。
    20141005_300selang1.jpg

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】灯火類の点灯確認する。

    イグニッションスイッチとライトスイッチへの配線を引き直した後、
    取り付け・外しが面倒な両スイッチを所定の場所に戻す前に、
    機器類の動作チェックを行いましょう。

    スターターモーターが元気に回るのは確認済み。
    ワイパーも動きました。

    続いて灯火類の点灯確認。

    スモールランプ・ナンバー灯は点灯。
    20141005_300selang12.jpg


    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【W100・600プルマン】おお!あの車が再び売りに出ている。

    特報!

    過去の記事で紹介した、カー・マガジンに掲載された、W100の「600・プルマン」が
    カーセンサーネットに掲載・売りに出ています。

    20140519_600.jpg

    カーセンサーのページ

    高級車専門店のようですね。我々のような庶民が買える様な価格設定になっているのでしょうか?
    それとも不動産を担保に入れてローンを組むようなのか。

    ウチのリフトにもタイヤは4輪とも載るけど、前後ははみ出すなあ。

    どっちにしても一度見ておかないと。
    ギョウザヤさん、一緒にいかがでしょう?

    この記事を見て実車確認された方は、ぜひ感想をご報告を。
    以前にこの個体を販売した店舗では、600プルマンは珍しくないが程度がよいと評されていました。

    購入した方は、ぜひ乗ってガレージに遊びに来てください(笑)。
    また、当ガレージにご寄付いただいて結構です。身体が動く限り大切に維持させていただきます。

    まあ、縦目マニアには憧れの車ですから。維持の困難さを含めて。









    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】エンジンを再始動させるには?

    今年の3月にエンジンの再始動を行った300SEラングですが、
    30分ほど経ったところアイドリングが不安定になりその後停止。
    その後二度とエンジンは始動しませんでした。

    いまも、初爆のみで、あとはキュルキュル・・・・
    1-2-3イグニッションが点火タイミングを必死で調整しているのがわかる。

    さて、ガソリンエンジンの始動に必要なのは、
    「圧縮」「火花」「燃料」の3点。

    初暴があるので圧縮と火花は大丈夫そう。
    残るは燃料。

    エンジンまで来ているのはわかるのですが、
    前回30分のアイドリングで止まったということは、

    ・燃料系統の詰まり
    ・スタート補助・暖気(燃料増量)システムの不良

    かなあと思っております。

    電気系統が復活してイグニッションスイッチもちゃんと動作するようになったことだし、
    いよいよエンジン再々始動に挑戦しましょう。

    次回の作業時には
    ・燃料系のフィルターは清掃・交換済みだが一応確認してから燃料を新品に入れ替え。
    ・インテークマニフォールドにあるコールドスターターバルブ(図中21番・補助燃料噴射装置)の点検。
    ・燃料噴射ポンプにある暖気完了まで燃料を濃くするためのマグネットスイッチ(図中17番)と
     サーモスタット(図中9番)の動作点検。

    オーナーズマニュアルに載っているインジェクションシステムの図(クリックで超拡大します)
    スタート補助系統とコールドスタート系統があって、それぞれ温度センサーとリレーとタイムスイッチがある。
    300selang_injection-diagram.jpg

    あとはスロットルリンケージを調整してから再始動にチャレンジ。

    エンジン再始動したら、冷却系を洗浄して、ラジエーターをO/Hに出そう。
    クーリングファンも4枚羽根から6枚羽根に交換してあげよう。

    ラジエーターホース類はすでに新品が揃ってます。

    今より寒くなると水を使う作業はしんどくなるなあ。


    おまけ
    W112・300SE(セダン)の電気配線図。
    純正整備書に掲載がなく、オーナーズマニュアルにしか掲載が無いレアもの。

    先日配線を整理した45番のボルテージレギュレーターに3つのコンデンサーが付いているのが判るが、
    純正マニュアル(1959-1967)に掲載の配線図面には全車種ともコンデンサーが無い。
    (クリックで超拡大します)
    300SElang_e-diagram1.jpg

    配線図中の機器名称一覧(クリックで超拡大します)
    300selang_e-diagram2.jpg

    ありゃりゃ?よく見ると、イグニッションスイッチに「P30」と「P」の端子がないなあ。
    別の車種のオーナーズマニュアル確認するか。

    では、また。



    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】M189のダイナモはオルタネーターに交換できるのか?

    電装系を整備していると気になるのは、ダイナモ(直流発電機)の出力の低さ。
    ウチのW112・300SEは38A。
    W111/220S・SEbの30Aに比べればまだ良い方ですが、
    あくまでも最大出力であって、アイドリングではぜんぜん発電しないのは皆様よくご存知。

    夜間ヘッドライトを点灯して、エアコン入れて、ナビ使って、オーディオも作動して、
    ワイパー使って、ストップランプが点灯すれば・・・・・・ 300W位? 25Aか。

    次世代モデル用の最大出力55Wでも現代では役不足で、70Aはほしいところ。
    国産品を加工して取り付けるのが一般的ですが、W112が搭載しているM189エンジンではそうは行かない。

    純正のM189エンジンのダイナモはこんな感じ。
    回転軸はベルトがかかる右から左へ貫通し、ウォーターポンプを駆動している。
    しかも取り付けはVWビートルみたいにバンド締め。
    w112_M189_generator.jpg
    こんなジェネレーター見たこと無いなあ。

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】ストップランプスイッチ移設する。

    このところ電装系に手を入れていますが、
    忘れていたことがありました。
    ブレーキにマスターを交換したあとに、ストップランプスイッチの移植を行っていませんでした。

    1963年型のW112ではストップランプスイッチはブレーキマスターシリンダーに付いていて、
    ペダルを踏んでブレーキを作動させる油圧でスイッチがON-OFFするようになっています。
    20141018_300selang9.jpg
     



    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】エンジン再始動する。

    今日は15時過ぎに外出から戻りましたが、まだ外が明るかったのでガレージへ。

    昨日はエンジンが掛かりましたが、3気筒でしか安定してアイドリングしないという状態。
    電子点火の1-2-3イグニッションの不良という結論になりました。
    このシステムは学習機能があり、乱れた点火タイミングを自分で正常に修復します。

    そこで考えたのは、
    ぜんぜん始動しないエンジンの点火タイミングを補正しようとしてプログラムが乱れたのでは?
    という考察。

    今日も昨日同様アイドリングさせますが、やっぱり3気筒がベスト。

    乱れた1-2-3イグニッションの点火タイミングプログラムを戻すには初期化の作業が必要と考え、
    システム取り付け時に行った初期設定を実施。

    コイルの-側のみ外した状態で、1番ピストンを上死点にもって行き、デスビキャップを外して、
    イグニッションスイッチをONにしてLEDの点灯位置にデスビ角度をあわせます。
    詳細は過去記事を参照

    作業を終えて、プラグコードを全部取り付けスターターモーターを回すと、
    20141019_300selang6.jpg

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【W463・G320】今日は「鉄」ドライブ

    本日、G320で新潟県の上越市まで往復750キロを日帰りしてきました。
    帰って来るころには、エンジンの吹けが軽くなり、なぜかアイドリング音も静かに。
    久々の高速走行で、エンジンのピストン・燃焼室内のカーボンも綺麗に飛んだのですかねえ。

    日帰りの目的は「鉄」。それもナローです。

    興味のある御仁はこちらの鉄ページをどうぞ。

    G320のM1049エンジンは4000回転あたりからが気持ち良いですねえ。
    最大トルクが3750回転で出て、そのあと最大出力が出る5500回転までが美味しそうです。
    でも所詮、31kg・mと210psなので車両重量2.3トンの車をある程度の速度に乗せるまでが大変です。
    燃費は約7km/リットル。関東南部から直江津の近所までですので、峠越えが盛りだくさん。

    途中で休憩した飯山線の駅で。
    今年は車の画像をぜんぜん撮らなかったので昨年の画像でご勘弁を。
    自転車の並び方を除き、様子は昨年と変わっていませんでした。ハイ。
    20141025_g320.jpg

    では、また。

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    09 | 2014/10 | 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる