【ハネベン・300SEラング】オーディオヘッドユニット装着する。


    2016年の夏に購入し(過去の記事)、2016年の冬に組み立てて(過去の記事)、2017年の1月に動作確認した(過去の記事)、ウチのハネベン300SEラング用のオーディオヘッドユニット、RetoroSound MODEL・TWOですが、いよいよ取り付け作業。

    レトロサウンドはアメリカのメーカー。ベッカー・メルセデス調のフロントパネルとノブをセットでオーダー。
    retrosound2_beckerstyle.jpg


    続きを読む

    スポンサーサイト

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】ラジオアンテナ交換作業する。

    先週ラジオアンテナの交換をしようととして、アクセス方法が分からず作業が中断したウチのハネベン300SEラングですが、このブログをいつもご覧いただいている複数の方から情報を頂戴いたしまして本日再トライしました。

    朝7時に作業開始。気温が低く湿気が無いので高原の朝のよう。
    20170617_300selang_garage2.jpg

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】ラジオアンテナの交換しようとする。


    ダッシュ周辺がキレイになって、車検取得が近づきつつあるウチのハネベン300SEラングですが、
    オーディオのヘッドユニットを取り付けようとして、ラジオアンテナを交換しないといけないことを思い出しました。

    イカれて自動で伸びてこないオートアンテナ。色が黒なのも車には合わない。
    20170611_300selang_antena1.jpg




    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】オーディオ動作確認する。


    車検取得が全然近づいて来ない、ウチのハネベン・300SEラングですが、本日は外気温が低すぎてガレージの廃油ストーブも歯が立たず仕方なくオーディオの設置作業の続きをすることに。

    前回はリアスピーカーからフロントまでケーブル持って来たところでおしまい。
    20170109_300selang_speaker1.jpg


    今日はヘッドユニット側の接続準備。
    20170115_300elang_audio1.jpg

    スピーカーを接続するケーブルは皮むきラインが入ってるだけなので、ギボシ端子を付けます。ヘッドユニットのスピーカー端子は+がメスで-がオスです。
    20170115_300elang_audio2.jpg

    今度はしばらく放置されていたフロントスピーカー。

    ヘッドユニットまでリアと同じ太いケーブルを引っ張るのですが、
    端子がヤワ。
    20170115_300elang_audio3.jpg

    そこでギボシ端子を加工して直付けすることに。

    +端子はギボシのオス。ギボシはいったん開いてからスピーカー端子に被せます。
    20170115_300elang_audio5.jpg

    -端子はギボシのメス。被せ済。
    20170115_300elang_audio4.jpg

    ハンダ付けしてカバー付けて完成。
    20170115_300elang_audio7.jpg

    両側とも加工終了。
    20170115_300elang_audio6.jpg

    フロントスピーカーケーブルを2本とも作ったら、
    いよいよヘッドユニットの登場。
    20161116_300selang_retrosound6.jpg

    電源、スピーカー、アンテナ線とiPodを仮結線。
    20170115_300elang_audio8.jpg

    スピーカーケーブルは前後と左右をマーキング。
    20170115_300elang_audio15.jpg

    ラジオは本国アメリカの周波数帯から日本仕様に設定変更します。
    20170115_300elang_audio9.jpg

    完了。うちは80.0MHzのTOKYO FMがメイン。
    20170115_300elang_audio10.jpg

    ところが、オートアンテナがイカレていて音はすれども自動で伸びず。
    手動で伸ばしました。要交換ですなあ。画像なし。

    iPodも接続可能とのことで、USBに接続。

    おお!ちゃんとアーティスト名も表示されます!
    当然ながらアルファベットのみですが。

    サウンドチェックはお気に入りのSatellte Youngの「SNIPER ROUGE」で。
    20170115_300elang_audio11.jpg

    ヘッドユニットもスピーカーも仮取り付けの状態ですが、音は上々。現行のメルセデスのような澄み切った音とまでは行きませんが、リアの大型埋め込みスピーカーの低音は抜群で、フロントも高音が伸びてます。電源・アースをしっかり接続して、フロントはダッシュパネルの穴が全部ふさがって位相がきっちり定まれば更に良く聞こえるでしょう。
    20161105_300selang_speaker8.jpg

    20161223_300selang_rear_speaker7.jpg

    とりあえずはスピーカーもヘッドユニットも機能して音が出て、めでたしめでたし。

    汎用のオートアンテナ探さないといけないですねえ。
    作業ネタに不自由しないですね。

    今日も作業終わりは暗くなってから。
    ガレージ内に戻るためエンジンを掛けたらマフラーからは水蒸気がたっぷり。
    すでに氷点下でした。
    20170115_300elang_audio12.jpg

    では、また。
    20170115_300elang_audio13.jpg

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】リアスピーカーケーブル這わせる。


    折角の三連休もまともにガレージに入れずに、ちっとも作業が進まないウチのハネベン・300SEラングですが、

    先日スピーカーに接続したケーブルをヘッドユニットまで這わせることに。

    ケーブルは付いたけど、トランク内でトグロを巻くスピーカーケーブル。
    20170107_300selang_speaker1.jpg

    まずはリアシートを外して配線を通す場所を探します。

    なんか汚いなあ。
    20170109_300selang_speaker4.jpg

    掃除してすっきり。
    20170109_300selang_speaker3.jpg

    シーバックの右下部にトランククーラーの配線を通していた穴があったので、ここから引き込むことに。
    20170109_300selang_speaker5.jpg

    ケーブルに比べて穴が大きいので、隙間を在庫していた汎用グロメットで埋めてやります。
    20170109_300selang_speaker6.jpg

    フロアトンネルとの境目のカーペットの下を這わせて、フロントまで持ってゆきます。

    ウッドパネル早くしあげなきゃ。ぶら下がってるメーターは燃料計とエアサス警告灯生かすため結線してあります。
    20170109_300selang_speaker1.jpg

    余分なケーブルをカットして、
    ヘッドユニット側のケーブル端にギボシ端子をつけてやります。
    ※画像は加工途中
    20170109_300selang_speaker2.jpg

    トランク内はこんな感じ。
    とりあえず上方に固定しましたが後日もう少し見栄え良くしましょう。
    本当は左右のスピーカーケーブルの長さは揃えないといけないのですが・・・・
    20170109_300selang_speaker7.jpg

    と、今日はここまで。
    今日も時間がとれなかったのでこのぐらいしかできませんでした。
    やっぱり一日しっかり使わないと。

    次回はフロントスピーカーも含めたヘッドユニットとの結線と音出しテストしてみましょう。
    ipodも接続できるらしい。うーん楽しみ。
    retrosound2_beckerstyle.jpg

    では、また。

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】リアスピーカー周辺いじりする。


    年が変わっても昨年と同じようなことばかりやってる、ウチのハネベン・300SEラングですが、今朝は早起きしそこなってガレージ入りは正午。しかもとっても寒くて外気温が5℃しかない。
    しかたなくインパネウッドの塗装はあきらめてリアスピーカー周辺をいじることに。

    まずはスピーカーを抜いて、
    20170107_300selang_speaker8.jpg

    取り出したのは、薄いアルミにブチルゴムを張り付けたデッドニングシート。
    20170107_300selang_speaker3.jpg

    リアのスピーカーボードが乗る部分は鉄板が薄くしっかりした低音を出すと共振の可能性がるので、デッドニング加工します。
    ※画像はスピーカー穴加工前。
    20161113_300selang_rearbord_speaker13.jpg

    張り付けた。鉄板のカンカン鳴りが無くなりました。
    この上からボードを載せてしっかりねじ止めすればボードも鳴かないんじゃないかな。
    真ん中にあった元クーラーの吸気口もふさいでしまいました。
    20170107_300selang_speaker2.jpg

    次はスピーカーケーブルの端子取り付け加工。

    取り出したのは昨年買って2か月も放置したスピーカーケーブルと端子。
    スピーカーケーブルは2.5SQの無酸素銅線。
    過去の記事:スピーカーケーブル届く
    20170107_300selang_speaker7.jpg

    ケーブルにスピーカー接続用の端子をつけてやります。
    プラスが太くてマイナスは細い端子を使います。

    平行コードでは原則として文字の印刷がある側がホット(+)です。このケーブルでは銀色の方に印刷が。
    銀色はまさしく銅線の上にかぶせた銀メッキで、導体の周囲を電流が流れ易いことから銅より伝導率の高い銀でメッキしてあります。こちらをスピーカーに向かう側のプラスとしたのですね。

    カバーを先に通してから圧着工具で取り付けたあと、
    20170107_300selang_speaker5.jpg

    ハンダ付けして固めて、カバーを被せます。
    20170107_300selang_speaker6.jpg

    スピーカーに取り付けて確認。
    ケーブル側の端子が柔らかくて薄いので、首を折らないように注意が必要です。
    20170107_300selang_speaker4.jpg

    車体に付けて端子が車体に当らないか確認。問題なし。
    20170107_300selang_speaker1.jpg

    と、ここで寒さに耐えきれずに作業終了。
    次回はスピーカーケーブルのヘッドユニットへの這わせですね。
    フロントスピーカー分のケーブル加工もしましょう。







    しかし寒いですねえ。ガレージ内の左右の作業スペースもう少し確保して、
    屋内で左右ドア全開で作業できるようにしたいですね。

    では、また。

    20161105_garage2.jpg




    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】リアオーディオボード・スピーカー仮付けする。


    車検取得に向けての作業がなかなか進まない、ウチのハネベン・300SEラングですが、
    先日作ったリアのオーディオボードを仮取り付け。

    前回はここまで。ボード載せておしまい。
    20161215_300elang_speaker12.jpg


    さて、車体側には穴が開いていますが、もともとトランククーラーの吹き出し穴なので、
    ボードに開けた穴と同じ大きさに拡大しないといけません。
    20161223_300selang_rear_speaker1.jpg

    ボードの穴に合わせてセンターポンチを流用してカットラインをケガキます。
    20161223_300selang_rear_speaker2.jpg

    カットはジグソーで。家庭・DIY用ですが自動車用の軟鋼薄板ならOK。
    もちろん刃は金物切断用に交換してあります。
    20161223_300selang_rear_speaker3.jpg

    スピーカーの取り付けボルト穴と同じ位置で車体側にも穴を開けておきます。
    20161223_300selang_rear_speaker4.jpg

    ひと段落。
    20161223_300selang_rear_speaker5.jpg

    埋め込み型スピーカーを仮取り付けして位置を確認。
    W112・300SEでは、リアシートバックとリアトレイの境目に
    ウッドのバーが入りますが、今は置いただけ。
    20161223_300selang_rear_speaker7.jpg

    くどい様ですが、スピーカーはこんなの。JBLのGTO938ってやつ。コアキシャルの3WAY。
    20161209_300selang_speaker1.jpg

    20161209_300selang_speaker2.jpg

    以前クーラーがトランクにあったときはこう。
    20161223_300selang_rear_cooler.jpg

    本日終了時点の姿。後日センターにハイマウントストップランプを取り付け予定。
    20161223_300selang_rear_speaker8.jpg

    ボードとリアガラスの間にある赤い皮の部分は。こうやってみると良いアクセントでオシャレ。
    高級車みたいだなあ。
    ボード作った黒合皮の残りで補修しようかと思ったけど、
    やっぱOKADAYAでシートと似た色の赤い合皮買ってきて直そう。
    中に入ってるスポンジもどうにかしないとなあ。

    また一つ課題ができました。
    お正月休みの終わりまでに内装はどこまで進むでしょう?

    では、また。
    20161223_300selang_rear_speaker9.jpg

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】リアスピーカーボード完成する。


    トランクエアコンの吹き出しを撤去して、リアスピーカーの設置を計画している、ウチのハネベン・300SEラングですが、
    リアボードの材料がそろったので作成再開しました。

    前回はボードの切り出しまで。
    20161126_300selang_rear_bord_5.jpg

    切り出したボードに埋め込み用スピーカーの穴を開けます。

    スピーカー付属のスペーサーがちょうど穴あけサイズと合っていたので、
    これを使ってマーキング。
    20161215_300elang_speaker1.jpg

    もう一つの候補、置き型のスピーカーは、
    ウーファーをトランク内に向けて装着するタイプ。

    埋め込み用にマークした場所にウーファーを合わせるとエンクロージャーがサイドに当ってしまうので、
    5cmほど内側に再度マーキング。
    20161215_300elang_speaker2.jpg

    ドリルで穴を開けてからジグソーで切ってゆきます。
    20161215_300elang_speaker3.jpg

    穴あけ完了。取り付けネジ穴も開いてます。
    20161215_300elang_speaker4.jpg

    取り出したのは両面粘着スポンジシート。3mm厚。
    20161215_300elang_speaker5.jpg

    貼り込みました。表皮の貼り付けとベースのベニヤ板のビビリ防止対策です。
    20161215_300elang_speaker6.jpg

    表皮を持ってきました。手芸専門店で買った黒の合皮です。
    20161215_300elang_speaker7.jpg

    ボード周囲より5センチぐらい余裕を見てカット。
    20161215_300elang_speaker8.jpg

    表皮を貼り付け中。
    20161215_300elang_speaker9.jpg

    スピーカー穴をカッターで開けて、周囲を折り込んで接着剤で貼り付け。
    20161215_300elang_speaker11.jpg

    スピーカー埋め込み穴(6in×9in)リアボード完成。
    20161215_300elang_speaker10.jpg

    所定の場所に置いてみた。固定はスピーカーの取り付ネジとその他10か所程度を予定。
    20161215_300elang_speaker12.jpg

    それよりも車体側の鉄板にも穴開けないとスピーカー付かないじゃん。

    ということで、

    では、また。



    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】リアスピーカー候補その2入庫する。


    秋口から内装関係に手を入れている、ウチのハネベン・300SEラングですが、

    リアボードに装着するスピーカーの候補その2が到着。

    JBL!
    20161209_300selang_speaker1.jpg

    埋め込み用の3wayスピーカーです。
    20161209_300selang_speaker3.jpg

    サイズは6インチ×9インチ。米車では標準的なサイズ。
    20161209_300selang_speaker5.jpg

    瞬間最大入力は300W。マグネットも大きい!
    20161209_300selang_speaker4.jpg

    ツイーターには-3dbのアッテネーターが付いている。
    20161209_300selang_speaker6.jpg

    さあ、候補その1のパイオニアとどっちを装着するのでしょう??
    20161123_300selang_speaker_3.jpg


    20161209_300selang_speaker2.jpg

    リアボードの材料がそろったら、作業に入りましょう。

    では、また。


    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    【ハネベン・300SEラング】リアボード制作開始する。


    リアスピーカーの選定もままならないウチのハネベン・300SEラングですが、
    とりあえずは後席後ろのリアボードの制作に入ることに。

    買ってきたのは8.5mm厚の普通のラワンベニヤ合板。三尺×六尺のいわゆるサブロクサイズ。
    軽の1BOXアトレーにかろうじて載った。
    20161126_300selang_rear_bord_1.jpg

    オリジナルのリアボードから型取り。
    20161126_300selang_rear_bord_2.jpg

    線の内側をジグソーでカットしてゆきます。
    DIY=家庭用のジグソーですがそこそこ使える。あると無いとじゃ大違い。
    20161126_300selang_rear_bord_3.jpg

    カンナとヤスリでカットラインの仕上げと面取りをします。
    このカンナ、中学の技術の授業用に斡旋されて買ったもの。40年前のものだけど刃を研いだのでちゃんと使える。
    20161126_300selang_rear_bord_4.jpg

    仕上げ完了。
    20161126_300selang_rear_bord_5.jpg

    一応あてがってみた。問題なし。
    実際はこの上からビニールレザー?が被るが大きさは1mm程度しか変わらないので気にしない。
    20161126_300selang_rear_bord_6.jpg

    この日はここでおしまい。

    本当は12mm以上の合板を使いたいのですが、
    これ以上厚くすると後部座席より上に出る可能性があるので8.5mmとしました。
    しっかり固定してやればビビらないと思うのですが。
    もしもビビったら防振ゴム・ブチルゴムを張りましょう。

    このあとは、スピーカー候補その2が来たら位置決めして車体側と合わせて穴あけ作業。
    そこにビニールレザーを張れば完成となります。

    まだビニールレザー買ってない。

    他の作業と平行してポチポチやりましょ。

    では、また。

    続きを読む

    テーマ : オールドメルセデス
    ジャンル : 車・バイク

    プロフィール

    VEM-GARAGE

    Author:VEM-GARAGE
    縦目のメルセデスは好きですか?

    カテゴリ
    最新コメント
    最新記事
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    いままでに見た人の数
    今見ている人の数
    現在の閲覧者数:
    リンク
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる